昭和シェル石油(株)(以下「昭和シェル石油」)は、ジクシス(株)(以下「ジクシス」)が営む碧南LPG(液化石油ガス)基地の運営に関する事業(承継資産31億4000万円)を承継することについて、ジクシスとの間で吸収分割契約を締結することを決議した。

昭和シェル石油は、2017年9月に関連会社であるジクシスの株主との間で、出光興産(株)による昭和シェル石油の株式取得に伴うLPG元売事業の競争の実質的制限に関する問題解消措置として、昭和シェル石油が保有するジクシスの株式の一部を出光興産に対して譲渡すること等を内容とする契約を締結している。これに伴い、昭和シェル石油が碧南LPG基地を運営し、引き続きジクシスの事業運営をサポートするべく、本件会社分割に関してジクシスとの間で吸収分割契約を締結した。

吸収分割契約締結日は2017年12月19日。

吸収分割の効力発生予定日は2018年7月1日。

本分割に際して、昭和シェル石油はジクシスに対して現金31億1000万円を交付する予定。