M&A速報

コスモエネルギーホールディングス<5021>、石油化学製品メーカーの丸善石油化学を子会社化

2016/03/11

コスモエネルギーホールディングスは、持ち分法適用関連会社で石油化学製品を製造・販売する丸善石油化学(東京都中央区。売上高5490億円、営業利益27億4000万円、純資産1030億円)の株式を追加取得し、連結子会社とすることを決めた。現在グループで所有する43.9%の株式を52.7%に引き上げる。石油精製事業と石油化学事業の一体運営を進め、競争力強化を図る。

取得価額は非公表。取得予定日は2016年3月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

あの貝殻の「シェル(SHELL)」マークがもうすぐ消えていく…!

あの貝殻の「シェル(SHELL)」マークがもうすぐ消えていく…!

2021/02/28

ホタテの貝殻で知られる「シェル(SHELL)」マークがサービスステーション(SS)から姿を消す日が近づいてきた。出光興産が昭和シェル石油を経営統合して2年となる4月以降、出光のシンボルである「アポロ」マークに順次、切り替えを進めるためだ。

新生「ENEOS」始動へ、社名変更の理由とは?

新生「ENEOS」始動へ、社名変更の理由とは?

2020/06/22

JXTGホールディングス(HD)から改称し、「ENEOSホールディングス」が6月25日にスタートする。持ち株会社の運営体制を変更するのに合わせた社名変更だが、業界の盟主・旧日本石油を中心とする20年に及ぶ再編・統合劇の総仕上げをも意味する。

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

2018/07/17

経済活動の源であるエネルギー資源。国際石油開発帝石は原油や天然ガスを探り当てる探鉱活動や買収した油田・ガス田の商業開発、採掘した原油・天然ガスを石油精製会社や電力・ガス会社へ販売するなど、エネルギーの「上流部門」と呼ばれる事業を担っている。

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

【昭和シェル石油】出光が愛した企業の波乱万丈な「M&A遍歴」

2018/07/05

懸案だった出光興産との合併が、ようやく実現に向けて動き出した昭和シェル石油。長らく同族経営で大型M&Aとは無縁だった出光と違い、昭和シェル石油の成り立ちは「M&Aの歴史」そのもの。しかも同社はある国際石油メジャーの設立とも深く関わっている。

M&A速報検索

クリア