M&A速報

国際石油開発帝石<1605>、インドネシアの石油・ガス開発会社を売却

2017/03/27

国際石油開発帝石は、インドネシア共和国における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売のナトゥナ石油株式会社(売上高:356億円、営業利益:158億円、純資産:803億円)の全株式を PT MEDCO DAYA SENTOSA 社へ売却することとした。

ナトゥナ石油はインドネシア共和国南ナトゥナ海B鉱区において35%の参加権益を保有していた。

譲渡価額は185億円。

M&Aデータベース

関連の記事

マツダ シャープも下方修正 消えた売上高は一気に4兆円を突破

マツダ シャープも下方修正 消えた売上高は一気に4兆円を突破

2020/05/17

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業が急増した。これによって消失した売上高の合計は約4兆3202億円と1週間で約1兆2203億円増加し、一気に4兆円を突破した。

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

2018/07/17

経済活動の源であるエネルギー資源。国際石油開発帝石は原油や天然ガスを探り当てる探鉱活動や買収した油田・ガス田の商業開発、採掘した原油・天然ガスを石油精製会社や電力・ガス会社へ販売するなど、エネルギーの「上流部門」と呼ばれる事業を担っている。

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

2017/06/20

大型再編が示す石油業界の将来像とは?前回に続き、エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5