鳥貴族など大手外食の「バーガー」進出、なぜか第1号店は東京・城南エリアに集中

alt
8月23日にオープンしたチキンバーガー専門店「トリキバーガー」(東京・大井町)

コロナ禍の逆風下、居酒屋、ファミリーレストランなどの外食業界で新業態に活路を求める動きが広がっている。そのキーワードの一つが「バーガー」。

名乗りを上げたのは居酒屋の鳥貴族ホールディングス、ファミリーレストランのロイヤルホールディングス、「焼肉ライク」で知られるダイニングイノベーション(東京都渋谷区)。気が付けば、各社の第1号店はなぜが都内の「城南」エリアに集中しているのだ。

大井町に「トリキバーガー」がオープン

鳥貴族HDが8月23日にオープンしたチキンバーガー専門店「TORIKI BURGER(トリキバーガー)」。場所は京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の3線が乗り入れる大井町駅(東京都品川区)の目と鼻の先で、座席数は50席余り。

チキンフィレにレモンマヨネーズで味付けした「トリキバーガー」、もも肉の照り焼きをサンドした「焼き鳥バーガー」など8種類を用意。居酒屋「鳥貴族」と同じく均一価格とし、どのバーガーとの組み合わせでもポテト・ドリンクとのセットで590円(朝メニューは6種類・セット価格490円)。

ロイヤルHD、武蔵小山商店街に出店

ファミレス「ロイヤルホスト」や天丼「てんや」を展開するロイヤルHDは5月末、「Lucky Rocky Chicken(ラッキーロッキーチキン)」というネーミングのチキンバーガー専門店をオープンした。看板商品の「バターミルクフライドチキンバーガー」は500円(単品)。座席は12席しかなく、テイクアウトとデリバリーが中心だ。

第1号店は東京都品川区荏原の武蔵小山商店街パルムに出店した。同商店街は全長800メートルという東京で最も長いアーケード街が連続し、都内有数の“元気な商店街”として全国的にも知られる。

ロイヤルHD…チキンバーガー専門店を武蔵小山商店街に出店

中目黒にバーガーのテイクアウト専門店

バーガー進出で先陣を切ったのは、一人焼肉で名をはせる「焼肉ライク」などを展開するダイニングイノベーションだ。昨年11月、「BLUE STAR BURGER(ブルースターバーガー)」の1号店を都内目黒区の中目黒駅近くにオープンした。扱うのはビーフバーガー。テイクアウト専門で、注文・決済・受け取りをすべて完全非接触で実現した。

ここで、おやっと思うのが各社の第1号店が都内の城南エリアに固まっていること。繁華街の新宿、渋谷でもなければ、おしゃれな銀座、表参道あたりでもない。

城南とは皇居(かつての江戸城)からみて南側の一帯をいい、一般には港、品川、目黒、大田の4区を指す。洗練された都会的なイメージだけでなく、庶民的な街の風情も色濃く残っており、新商品のテスト販売や市場調査にうってつけのエリアとする向きがある。外食各社もアンテナショップの役割を周到に計算しているとみて良さそうだ。

ダイニングイノベーションは7月、今度はチキンバーガー「DooWop(ドゥーワップ)」の第1号店を代官山駅近くにオープンした。もっとも代官山は渋谷区だが、中目黒から一駅で、城南エリアから大きく外れているわけではない。

ダイニングイノベーションが昨年12月に東京・中目黒にオープン

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【8月M&Aサマリー】62件、4カ月連続で減少|「100億円超」は今年最多

【8月M&Aサマリー】62件、4カ月連続で減少|「100億円超」は今年最多

2021/09/07

2021年8月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比6件減の62件となり、5月から4カ月連続で前年を下回った。4カ月連続の減少は昨年8~11月以来。1~8月の累計は前年同期比12件増の571件で、4月までの“貯金”が奏功し、2008年(602件)以来13年ぶりの高水準を保持している。前月(7月)比では同数だった。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5