東証、関西スーパーが実質的存続会社か審査へ 統合計画で

alt

[東京 31日 ロイター] - 東証は31日、関西スーパーマーケット株式について、合併などによる実質的存続性の喪失にかかる猶予期間に入る見込みだと発表した。関西スーパーが実質的な存続会社でないと判断されたためで、期間は2021年12月1日から25年3月31日まで。今後、新規上場基準に準じた基準に適合するかどうかを審査する。

関西スーパーがエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)傘下のイズミヤと阪急オアシスを12月1日付で株式交換により子会社化した場合、関西スーパーは実質的な存続会社でないと認められる、と判断した。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

エイチ・ツー・オー リテイリング  そごうと西武の店舗名変更 次のM&Aは

エイチ・ツー・オー リテイリング  そごうと西武の店舗名変更 次のM&Aは

2018/10/18

エイチ・ツー・オー リテイリングは2017年10月にセブン&アイ・ホールディングスから買収した、そごう神戸店を「神戸阪急」に、西武高槻店を「高槻阪急」に名称変更する。