経済産業省と国土交通省は2019年6月3日、2030年度までに達成を義務づける新燃費規制案をまとめた。それによると同年度に販売する新車の平均燃費をガソリン1リットル当たり25.4Kmに改善するように求めている。2016年度に販売した新車の平均燃費は同19.2Kmなので、32.4%もの改善が必要だ。

53モデルが新燃費規制をクリアしているが…

しかし、すでに現時点で2030年度規制をクリアしている車も多い。一般的な燃費を表す「JC08燃費」でみると、既存の新車でも53モデルが11年後の新燃費規制をクリアしている<関連図表>。「なんだ、大したことはないじゃないか」と考えるのは早計だ。

トヨタ「プリウス」は余裕で2030年度燃費規制をクリア(同社ホームページより)

新燃費規制をクリアするモデルのうち約6割に当たる30モデルがハイブリッド車(HV)、残りはほとんどが軽自動車だ。現在の技術水準で同規制をクリアするには、2030年度までにほとんどの新車をHVか軽にする必要があるのだ。

しかもHVでも、トヨタ自動車<7203>の「クラウン ハイブリッド」やホンダ<7267>の「ステップワゴン ハイブリッド」のように、燃費規制をクリアできないモデルも少なくない。HVの燃費向上も必須となる。

規制は新車平均なので同25.4Kmを下回るモデルの販売も可能だが、その分、より燃費の良いモデルを投入しなくてはならなくなる。つまり燃費が悪いモデルは、燃費規制クリアの「足かせ」になるのだ。燃費が悪いモデルの多くは利益率の高い大型車・高級車なので、自動車メーカーにとっては頭が痛い問題だ。

こうした新燃費規制リスクを取り除くのに最も手っ取り早い手段は、電気自動車(EV)の生台数を増やすことだ。現在は燃費規制車種に含まれないEVだが、新燃費規制では対象となり、発電時に消費するエネルギーを「電費」として平均燃費に算入する。

ただ、現行EVである日産自動車<7201>の「リーフ」の電費は、HVを含むガソリンを消費する自動車の燃費に換算すると同54.4Km(*1)で、HVで最も燃費が良いトヨタ「プリウス」の同40.8kmを大きく上回る。

*1 「リーフ」の電費については日産の「電気自動車ランニングコストシミュレーター」で、ガソリン価格比較サイト「gogo.gs」の全国平均ガソリン価格146.0円(2019年6月7日時点)をもとに算出した。