トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >ビーガンラーメンも登場 オリンピックを機に市民権を得るか

ビーガンラーメンも登場 オリンピックを機に市民権を得るか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
横浜ベイホテル東急のスマートビーガンカレープレート(同社リリースより)

動物の商品化を否定し、動物系の製品を排除した生活様式を実践する人たちであるビーガン(絶対菜食主義者)向けに食事を提供する飲食店が増えてきた。

2018年に訪日外国人が3000万人を突破し、2020年の東京オリンピック開催に向けさらに訪日外国人が増える見込みの中で、欧米で増えつつあるビーガン需要を取り込もうという取り組みだ。

日本人を対象に多様な人が一緒に食事を楽しめる場の提供に力を入れるラーメン店もあり、健康を意識した人たちを中心にビーガン市場のすそ野が広がりつつある。どんな料理が提供されているのか。直近の動きを探ってみると...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY