M&A速報

USEN <4842>、光回線販売代理店業のU - NEXTを経営陣に譲渡

2010/11/15

USENは、テレビ向け有料映像配信サービス事業(U–NEXT事業)と個人向け光回線の販売代理店事業(BB個人事業)を会社分割により子会社のU–NEXT(東京都渋谷区)に承継した上で、同社の全株式をMBO(経営陣による買収)の形で代表取締役の宇野康秀氏に譲渡することを決議した。

U–NEXT事業とBB個人事業は予定通りにユーザー数が伸びず、運営コストが収益を上回る状況にあった。USENは安定的な収益を獲得している本業の音楽放送事業に注力することがグループの企業価値向上につながると判断した。

U–NEXT事業の直近売上高は47億6000万円。BB個人事業の直近売上高は64億3000万円。

譲渡価額は1000万円。譲渡予定日は2010年12月22日。

M&Aデータベース

関連の記事

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

2020/05/13

株式交換を実施すると株主へも大きな影響を及ぼすため、反対株主には会社への株式買取請求権が認められます。この記事では2008年にUSENとインテリジェンスが株式交換を行った際に生じた、株式買取価格決定申立事件について解説します。

株式の非上場化

株式の非上場化

2017/10/03

2017年8月10日にUSENが上場廃止となりました。経営統合のスキームとして、U-NEXTがUSENに公開買付(TOB)をする形で行うのですが、事実上、宇野氏によるマネジメント・バイアウト(MBO)と見られています。USENを一例として、メリット・デメリットを含め、MBOについて考察しました。

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

2017/07/11

国内において有線放送首位のUSEN<4842>と、そこから分離独立した動画見放題サービス提供のU-NEXT<9418>。いったんは分離独立した会社だが、2017年中に経営統合を予定しているという。果たして経営陣にどのような思惑があるのか。両社のこれまでを振り返りたい。

M&A速報検索

クリア