M&A速報

U-NEXT<9418>、USEN<4842>と経営統合でTOB

2017/02/13

U-NEXTはUSENとの経営統合の一環としてTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。USENはTOBに賛同を表明している。USENの取締役会長で筆頭株主の宇野康秀氏はU-NEXTの代表取締役で支配株主のUNO-HD株主でもあり、今回の経営統合は宇野氏主導によるMBO(経営陣による買収)となる。USENは上場廃止となる見通し。

U-NEXTは2010年12月にUSENから個人向け有料映像配信サービスと個人向け光回線事業を会社分割により承継しており、約6年ぶりに再統合する。経営統合によりU-NEXTは持ち株会社体制に移行し、傘下に事業会社を新設する。

TOBはU-NEXTが特別目的会社(SPC)を作る形で実施する。USENの大株主である光通信(議決権ベースで18.06%)は持ち株の一部売却で合意している。TOBの買付価格は461円。TOB公表前営業日の対象株式の終値277円に対して約66.4%のプレミアムを加えた。買い付け数は1億3461万6160株で、下限は7146万5300株。買付予定額は620億円。

公開買付期間は2017年2月14日から3月28日を予定している。決済開始予定日は4月4日。

M&Aデータベース

関連の記事

U-NEXTと米ワーナーの独占契約で業界勢力図は変わるのか

U-NEXTと米ワーナーの独占契約で業界勢力図は変わるのか

2021/03/31

HBOmaxを運営する米ワーナーメディアと動画配信サービス国内最王手のU-NEXTがSVOD(定額制動画配信)に関する独占パートナーシップ契約を締結しました。今回の提携で動画配信サービスの勢力図は変わるのでしょうか

『起業家の勇気』|編集部おすすめの1冊

『起業家の勇気』|編集部おすすめの1冊

2020/08/24

「ヒルズ族の兄貴分」こと宇野康秀USEN-NEXT HOLDINGS社長の一代記だが、内容は実父の大阪有線放送社(現・USEN)創業者・宇野元忠に始まる「宇野家」のファミリーヒストリーである。一度は家業を追われた二代目がなぜ返り咲けたのか。

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

2020/05/13

株式交換を実施すると株主へも大きな影響を及ぼすため、反対株主には会社への株式買取請求権が認められます。この記事では2008年にUSENとインテリジェンスが株式交換を行った際に生じた、株式買取価格決定申立事件について解説します。

株式の非上場化

株式の非上場化

2017/10/03

2017年8月10日にUSENが上場廃止となりました。経営統合のスキームとして、U-NEXTがUSENに公開買付(TOB)をする形で行うのですが、事実上、宇野氏によるマネジメント・バイアウト(MBO)と見られています。USENを一例として、メリット・デメリットを含め、MBOについて考察しました。

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

2017/07/11

国内において有線放送首位のUSEN<4842>と、そこから分離独立した動画見放題サービス提供のU-NEXT<9418>。いったんは分離独立した会社だが、2017年中に経営統合を予定しているという。果たして経営陣にどのような思惑があるのか。両社のこれまでを振り返りたい。

M&A速報検索

クリア