M&A速報

ブラザー工業<6448>、カラオケ機器メーカーのBMBを子会社化

2009/09/30

ブラザー工業は、カラオケ機器メーカーのBMB(東京都港区)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

BMBは1972年設立で業務用・家庭用カラオケ機器の開発・販売やカラオケルームの運営を手がける。ブラザー工業は子会社のエクシング(名古屋市)が通信カラオケ「JOYSOUND」を展開しており、BMBを傘下に取り込むことでカラオケ事業の販売面、商品開発面の一体化を図る。取得価額は未定。取得予定日は2009年11月中。

追記事項

2009-10-30
取得価額は1円。株式取得後、BMBのUSENに対する借入金について、BMBとUSEN間の債権債務
を清算した後の残額(予定額230億円)をブラザー工業グループが返済する予定。

関連の記事

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

【M&A判例】インテリジェンス株式買取価格決定申立事件とは

2020/05/13

株式交換を実施すると株主へも大きな影響を及ぼすため、反対株主には会社への株式買取請求権が認められます。この記事では2008年にUSENとインテリジェンスが株式交換を行った際に生じた、株式買取価格決定申立事件について解説します。

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

2017/12/17

ストリート系ファッションのWEGO(ウィゴー)が今年3度目の社長交代となった。度重なる株主交代の背景は?ウィゴーに一体何が起きているのだろうか。

株式の非上場化

株式の非上場化

2017/10/03

2017年8月10日にUSENが上場廃止となりました。経営統合のスキームとして、U-NEXTがUSENに公開買付(TOB)をする形で行うのですが、事実上、宇野氏によるマネジメント・バイアウト(MBO)と見られています。USENを一例として、メリット・デメリットを含め、MBOについて考察しました。

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

2017/07/11

国内において有線放送首位のUSEN<4842>と、そこから分離独立した動画見放題サービス提供のU-NEXT<9418>。いったんは分離独立した会社だが、2017年中に経営統合を予定しているという。果たして経営陣にどのような思惑があるのか。両社のこれまでを振り返りたい。

M&A速報検索

クリア