menu
Social media

法律・マネー

東芝 6000億円の増資によって債務超過が解消されるカラクリ

Cover 964ae6ea 4e8f 4fba ba0f e2ec571636b9

なぜ今回の増資が東芝の債務超過を解消することになるのか?

 2017年11月19日、東芝は、同社取締役会において、第三者割当による6,000億円の新株式発行を決議した旨のニュースリリースを公表しました。これにより、東芝は2018年3月末の決算において債務超過を解消し、上場廃止も回避されることが報じられています。

 しかし、なぜ今回の増資が債務超過を解消することになるのかについて、各メディアを見渡してもあまり詳しく説明がなされていないように見受けられます。今回は、当該増資によって債務超過が解消されることとなるカラクリについて説明したいと思います。

上場廃止を防ぐために第三者割当増資に踏み切る

 まず、東芝の第179期第2四半期報告書(9ページ)によると、2017年4月に分社化した東芝メモリの全株式を(株)Pangeaに約2兆円で譲渡する契約が2017年9月28日に締結されています。そしてこれにより東芝は、当該東芝メモリの株式を売却した際に生じる売却益に課税され、2018年3月期の損益計算上、約3,400億円の法人税等を計上する見込みである旨を公表しています。

東芝_第179期第2四半期報告書
(東芝_第179期第2四半期報告書 P.9より)

 東芝はこのままいくと2018年3月末時点で約7,500億円の債務超過となることが見込まれています。日本取引所グループが定めている上場廃止基準によれば、債務超過の状態となった場合、1年以内に当該債務超過の状態を解消できない場合には上場廃止となるため、2018年3月末時点で東芝が債務超過の状態を解消できない場合、東芝は上場廃止を避けることができなくなってしまいます。

 これを防ぐための対抗策として、東芝は今回の第三者割当に踏み切りました。増資額6,000億円という金額は、東芝の時価総額である1.2兆円(記事執筆時点)の約半分にもあたるため、割当てを受けることができなかった投資家の株式には強烈な希薄化効果が生じ、株価が大きく下がることが懸念されます。それにも関わらず東芝がこの増資に踏み切るのは、この増資により東芝が完全に債務超過の状態を解消することができ、その方が上場廃止となるよりも東芝の将来にとってプラスであると考えられているからです。

増資のウラには税負担減少の恩恵が

 ここで、7,500億円の債務超過状態に6,000億円の増資なので、1,500億円は依然債務超過の状態のままではないか?と思われる方もいるかもしれません。しかし、この増資の裏には、税負担の減少という恩恵を享受するというもう一つの目的が存在します。

企業動向

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

電子部品メーカーのローム<6963>がパワー半導体事業で攻勢をかけている。パワー半導体の大手である三菱電機<6503>や東芝<6502>もSiCの育成に力を入れており、今後各社の競争が激しくなりそうだ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c