1.「2018年4Q」TOB総評

◆2018年第4四半期(4Q、10-12月)の完了ベースでのTOB件数は14件。前年同期比で1件(6.6%)減少した。一方、届出ベースでのTOB件数は15件。前年同期比で3件(16.6%)減少した。2015年、2016年の14件とほぼ同水準であり、2007年からの12年間の平均が17.1件であることを考慮すれば、特に少なかったわけではない。

◆2018年通年(1-12月)に占める4Qの完了ベースでの件数シェアは30.4%(前年同期比8.0ポイント減)。一方、届出ベースでの件数シェアは35.7%(同5.2ポイント減)と前年同期を下回ったものの、18年4四半期中では最大だった。4Qの件数シェアが年間トップだったのは3年連続。テールヘビーの傾向が続いている。

 ◆4Qの成立金額ベースでは3989億円と前年同期の4409億円を9.5%下回った。100億円を超える案件が5件と前年の7件を下回ったが、前年は0件だった1000億円超の大型案件がNTT-SHによるエヌ・ティ・ティ都市開発の買収(1540億円)と米ジョンソン・エンド・ジョンソンによるシーズ・ホールディングス(ドクターシーラボ)の買収(1180億円)の2件あり、平均買付総額は284億円と前年同期の244億円を16.3%上回っている。

◆4QのMBO案件は1件と前年同期の1件と同じ。全体の6.6%(前年同期比10.0ポイント減)だった。

◆4Qの総プレミアム平均は26.65%(同0.51ポイント減)、ポジティブプレミアムは35.76%(同3.85ポイント減)に減少している。ディスカウントTOBは3件と前年同期の4件よりも減少した。

2.「2018年 年間」TOB総評

◆2018年通年の累計件数は完了ベースで前年比7件増の46件(17.9%増)と大幅に伸びた。届出ベースでは前年比2件減(4.5%減)の42件と、4年連続で40件台で推移しており、大きな変化は見られない。買付総額は1兆1398億円で、前年を451億円(前年比4.1%増)上回った。

◆2018年通年で1000億円を超える案件は6件と前年(2件)の3倍に。大型案件は増えたものの、件数増により成立金額ベースでの平均買付額は247億円と前年同期を33億円(11.78%)下回っている。買付総額のトップはソフトバンク<9434>によるヤフー<4689>買収(2018年8月8日完了)の2210億円。

◆2018年通年のMBO案件は3件と前年と同じ。TOB全体の6.5%(前年比1.1ポイント減)を占めた。最高額は桑山の51億3485万円。

◆2018年通年の総プレミアム平均は26.65%(同0.51ポイント減)、ポジティブプレミアム平均は35.76%(同3.85ポイント減)と、いずれも前年を下回った。ポジティブプレミアム平均は過去7年間で最低水準となっている。最も高いプレミアムがついたのは、北川工業(買い手=日東工業)の165.5%。プレミアムが100%を超えたのは、同社を含めて2社だった。

3.TOB件数の推移(2007-18年)

図表1 TOB件数の推移(届出ベース)2019年1月15日現在

M&A Online編集部作成

◆届出ベースでは年間累計件数は60件以上をキープした2007-2009年、50件前後だった2010-2013年に続く40件前後の15年以降の流れのままだ。2019年は世界景気の後退も予想されており、40件前後を保つのかそれとも減少に転じるのかが注目される。今後、景気後退が明確になれば、30件台を下回る可能性もある。

*「TOB件数の推移」の本文ならびにグラフは、従来の届出ベースから完了ベースへ変更しました。

4.TOB総額の推移(2006-18年)

図表2 TOB総額の推移(完了ベース)2019年1月15日現在

・2006年~2018年までの公開買付案件の成立金額の年度別合計
・集計は完了年度ごとで金額は成立金額ベース
・進行中の案件(1件)は除く