東証の「適時開示」ベースで、経営権の異動を伴う子会社化などの買収案件(グループ内再編は除く)を集計したところ、3月は49件と前月に比べ4件減った。買収金額をみると、比較的大型案件が目立ち、日本たばこ産業(JT)<2914>はロシアのたばこメーカー4位、ドンスコイ・タバックを約1900億円で、東レ<3402>はオランダの炭素繊維メーカーを1230億円でそれぞれ子会社化することを発表した。これらを含めて100億円超が5件(前月2件)にのぼり、20億円超だと13件と前月より6件多かった。また、日本企業による海外企業の買収(IN-OUT型)9件中、3件はオランダ企業を対象としたもので、東レの案件以外も金額は166億円、91億円といずれも規模が大きかった。

オランダ企業の大型買収相次ぐ

東証の適時開示は上場企業(東京、名古屋、福岡、札幌の各証券取引所に上場)に義務付けられた「重要な会社情報の開示」のことで、公正な株価形成と投資家保護を目的とする。さまざまな開示情報のうち、ここでは子会社化、事業譲受の買収案件についてM&A Online編集部が集計した。

JTはロシア市場で3割強のシェアを握る最大手。ロシアで約7%のシェアを持つドンスコイは低価格帯商品に強みがあり、今回の買収により、シェアは約4割に達する。国内市場の苦戦が続く中、成長の基盤である海外事業を強化するのが狙い。ドンスコイのほか、ギリシャとロシアの2社を買収する。買収総額は約1900億円(有利子負債190億円を含む)。買収は2018年7~9月に完了する見通し。

JTは1999年、米RJRナビスコから米国を除くたばこ事業を買収し、ロシアに進出。さらに2007年、ロシアに地盤を持つ英ギャラハーを買収したことで、ロシアで最大手になった。ロシアは中国、インドネシアに続く世界第3位のたばこ市場。

東レが買収で合意したテンカーテ・アドバンスト・コンポジット・ホールディングス(TCAC)は熱可塑性を用いた炭素繊維基材でトップクラスにあり、航空宇宙分野で豊富な採用実績を持つ。買収金額1230億円は同社として過去最大のM&Aとなる。2018年後半に一連の取得手続きを終える見通し。

3月発表の買収案件49件のうち、IN―OUT型は9件(前月9件)だったが、いずれも規模が大きい。日本通運<9062>はイタリアのアパレル物流会社、トラコンフ(ヴェローナ)を190億円で完全子会社化する。同社は2013年に同じイタリアのアパレル物流大手、フランコヴァーゴ(フィレンツェ)を買収。両社の連携を通じてファッションロジスティクス分野で国際間輸送から製品保管、配送までの一貫サービスを高品質に提供する考えだ。

三精テクノロジーズ<6357>は、遊戯機械メーカーのオランダVekoma Ridesの全株式を166億円で取得した。三精は2012年に、米国の同業大手S&S Worldwideを傘下に収めており、日米欧の3極でグローバルな生産・販売体制を実現し、世界トップの遊戯機械メーカーを目指す。

蘭の炭素繊維大手を約1200億円で買収する東レの本社がある日本橋三井タワー(東京都中央区)