【2018年1~3 月M&Aサマリー】買収146件で50億円超は15件…「適時開示」ベース

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

東京証券取引所の「適時開示」ベースで2018年1~3月の買収案件(経営権の異動を伴う子会社化・事業取得。ただしグループ内再編は除く)は146件だった。買収金額でみると、50億円を超えるものが15件。このうち1000億円超の大型案件は4件あり、いずれも海外企業に対するM&Aが占めた。

海外M&Aは145件中、21件

東証の適時開示は上場企業(東京、名古屋、福岡、札幌の各証券取引所に上場)に義務付けられた「重要な会社情報の開示」のことで、公正な株価形成と投資家保護を目的とする...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY