東京証券取引所の「適時開示」ベースで、2018年8月の買収件数は72件(7月は54件)と、5月の64 件を上回り、今年の月間最高だった。このうち、海外企業を対象とする買収は19件、買収金額10億円超の案件は25件あり、いずれも今年の最多となった。なかでも100億円超の大型案件は1~7月で合計26件だったが、8月だけで8件に上り、集中ぶりが目立った。

海外M&Aも19件と最多に

東証の適時開示は上場企業に義務づけられた「重要な会社情報の開示」のこと。さまざまな開示情報のうち、経営権の異動を伴う子会社化・事業取得の買収案件(グループ内再編は除く)についてM&A Online編集部が集計した。

8月の買収件数は72件と前月の54件より3割強増えたが、これを上回る形で、海外買収が12件から19件に6割以上伸びた。海外買収件数も今年最多(4月と7月が12件)となった。買収金額10億円を超える案件は前月の12件から25件に倍増したが、このうち海外買収が11件を占めた。

最大案件はJTによるバングラデシュ第2位のたばこ事業(同国のアキジ・グループ傘下)の買収。買収金額は1645億円にのぼる。JTは3月にロシアのたばこ大手ドンスコイを約1900億円で買収することを発表(7月に買収完了)しており、これら2つの案件が今年の買収金額ランキングで4位と5位に位置する。

第一生命ホールディングス(HD)は豪生保大手のサンコープ・ライフを526億円で買収する。豪では2011年、業界トップのTALを傘下に子会社化しており、同国での生保買収は2社目。第一生命HDは1月に米リバティライフの既存保険を1400億円で買収することを発表(5月に買収完了)している。

たばこ、生保はいずれも国内市場が縮小している。こうした中、JT、第一生命HDはM&Aを軸に海外での事業展開を積極化している。

「100億円超」8案件のうち、国内の製造業同士が6件

ADEKAは日本農薬にTOBを実施

買収金額100億円超の大型案件は8件あったが、海外買収はJTと第一生命HDの2件だけ。これに対し、残る6件はそろって国内の製造業同士の案件だった。新日鉄住金は山陽特殊製鋼が実施する第三者割当増資を672億円で引き受け、子会社化(所有割合51.5%)する。合同製鉄は電炉中堅の朝日工業をTOB株式公開買い付け)で完全子会社する。取得金額は最大126億円。ADEKAは持分法適用会社の日本農薬をTOB第三者割当増資の引き受けを通じて所有割合を現在の24%から51%に引き上げ、子会社化する。取得額は約190億円。

FUJIは半導体製造装置メーカーのファスフォードテクノロジ(山梨県南アルプス市)を219億円、マクセルホールディングスは理美容機器や電動工具の泉精器製作所(長野県松本市)を182億円、アマダホールディングスは材料供給装置大手のオリイメック(神奈川県伊勢原市)を125億円で、それぞれ子会社化する。

8月の買収金額の上位案件
1 JT、バングラデシュ2位のたばこ事業を買収(1645億円)
2 新日鉄住金、山陽特殊製鋼を子会社化(672億円)
3 第一生命HD、豪生保サンコープライフを子会社化(526億円)
4 FUJI、半導体製造装置メーカーのファスフォードテクノロジを子会社化(219億円)
5 ADEKA、日本農薬をTOBなどで子会社化(190億円)
6 マクセルHD、家電機器の泉精器製作所を日本政策投資銀行と共同で子会社化(182億円)
7 合同製鉄、電炉中堅の朝日工業をTOBで子会社化(126億円)
8 アマダHD、プレス機械用材料供給装置大手のオリイメックを子会社化(125億円)
9 アルコニックス、炭素製品メーカーの富士カーボン製造所を子会社化(81.5億円)
10 ユシロ化学工業、金属加工油剤メーカーの米QualiChemを子会社化(64.5億円)
11 桑山、経営陣によるMBOで非公開化(52.95億円)
12 麻生グループ、日特建設をTOBで子会社化(52億円)
13 トーホー、シンガポールの業務用青果卸販売Fresh Directなど2社を子会社化(40.3億円)
14 興銀リース、自動車ファイナンス事業のインドネシアVERENA  MULTI  FINANCEを子会社化(39.4億円)
15 アウトソーシング、豪の業務改善コンサルティング会社PROJECT  MANAGEMENT PARTNERSを子会社化(33.6億円)
16 アウトソーシング、政府向け人材派遣の英ALLEN LANEを子会社化(29.7億円)
17 フリービット、語学教育のアルクを子会社化(26.2億円)
18 OCHIホールディングス、冷凍冷蔵機器販売の太陽産業を子会社化(18億円)
19 日本システム技術、ソフト開発のマレーシアVirtual Calibreグループを子会社化(17.8億円)
20 フィデアホールディングス、グランド山形リースを子会社化(17.2億円)
21 エムスリー、脳梗塞リハビリ施設運営のワイズを子会社化(15.2億円)
22 レック、殺虫剤「バルサン」をライオンから取得(14億円)
23 モーニングスター、米の資産運用会社キャレット・アセット・マネジメントを子会社化(13.3億円)
24 トラスト・テック、英の人材派遣会社Quattro Groupを子会社化(10億~11億円)
25 アジアパイルホールディングス、コンクリート杭生産などの越FECON  MINING を子会社化(10億円)