東証の「適時開示」ベースで、2018年の企業別の買収件数ランキング(9月14日時点)を集計したところ、9件を手がけたシェアリングテクノロジー<3989>が最多だった。同社は住まいのトラブルなど生活の困りごとを解決するマッチングサイトの運営を主力とするが、プリント配線板、ガラス製品の製造業2社を含む。2位はソフィアホールディングス<6942>の5件で、いずれも買収先は調剤薬局。4件はヨシムラ・フード・ホールディングスなど6社、3件はアウトソーシング、日本電産など7社あった。2件だと39社にのぼった。

6社に1社が複数の買収

1月から9月14日までの間、356社が439件の買収を公表した。このうち1社で複数の買収を手がけた企業数は合計54社(135件)と全体の約15%、6社に1社近くを占める。

件数トップのシェアリングテクノロジーが買収を発表した案件は以下の9件(子会社化が6社、事業取得が3社)。

▽リアブロード(東京都新宿区)=海外留学サイト▽APEXY(東京都北区)=ウエブサイト「お金つくーる」運営など▽電子プリント工業(兵庫県尼崎市)=プリント配線基板製造▽名泗コンサルタント(三重県四日市市)=不動産事業▽アーキバンク(東京都渋谷区)の内装工事見積もりサイト「アーキクラウド」を取得▽塩谷硝子(愛知県春日井市)=ガラス製品▽Gogasha(東京都新宿区)のiPhone修理店舗検索ポータルサイト「iPhone救急車」を取得▽モノクリエイト(岐阜市)の「引越しチェキ!」サイト事業を取得▽Discover(東京都渋谷区)=動画ショッピングサイト

買収金額は総額約23億円(非公表1件を含む)。9件中、3件が東海地方の会社であることが目を引く。シェアリングテクノロジーが名古屋市に本社を置き、東海地方を主要地盤としていることが作用している。同社は2017年8月に東証マザーズに上場した。

ソフィアHD、調剤薬局で5件

5件の買収を発表したソフィアホールディングスはインターネット事業を主力とするが、新たな柱として健康医療事業を育成中。川崎市、神奈川県横須賀市、栃木県佐野市、盛岡市、東京都小金井市で調剤薬局を傘下に収めた。買収金額は5件計で8億1700万円。

3位は4件で、ITbook(情報通信)、協和エクシオ(電気通信工事)、テクノプロ・ホールディングス(技術系人材派遣)、電通(広告)、トライアンフコーポレーション(情報通信)、ヨシムラ・フード・ホールディングス(食料品)の6社。

ヨシムラ・フードは食品業界に特化して、後継者難や単独での経営に行き詰まった中小企業をA次々に傘下に収め、グループ全体で相互補完・相互成長する独自のビジネスモデルを構築。今年も、乾燥食品のおむすびころりん本舗(長野県安曇野市)やシンガポールの水産卸会社など4件の買収を傘下に収め、買収企業数は2008年に会社設立から17社にのぼる。

〇2018年:買収件数の企業別上位(9月14日時点)

9件シェアリングテクノロジー
5件 ソフィアホールディングス
4件ITbook(10月1日にサムシングホールディングスと経営統合を予定)
協和エクシオ
テクノプロ・ホールディングス
電通
トライアンフコーポレーション
ヨシムラ・フード・ホールディングス
3件 アウトソーシング
JFLAホールディングス(旧アスラポート・ダイニング、8月1日に社名変更)
アドベンチャー
コムシスホールディングス
SKIYAKI
テクノホライゾン・ホールディングス
日本電産