2018年のM&Aは東証「適時開示」ベースで前年を25件上回る781件となり、5年連続で増加した。1000億円超の大型M&Aは20件と前年より6件増えたものの、100億円超でみた場合は60件と前年を15件下回った。

1000億円超で国内企業間の案件は伊藤忠商事によるユニー・ファミリーマートホールディングス子会社化の1件にとどまり、クロスボーダー(国際間案件)が大型M&Aを牽引した。1000億円未満(~100億円超)でもクロスボーダーは40件中、22件と半数以上を占めた。

2018年M&Aの金額ランキング(100億円超)をまとめた。

別格の武田、打開の糸口が見えない富士フイルム

まず、1000億円超の大型M&Aから。 

ダントツで1位は武田薬品工業。1月8日にアイルランドの製薬大手シャイアーの買収が完了したばかりだ。その買収金額は6兆2000億円(当初公表額は6兆8000億円)に上り、武田の売上高の4倍近くに相当する破格のM&Aだ。巨額投資に見合う利益を長期的にどう確保していくのか、ポストM&Aの巧拙が問われることになる。

4位に入った富士フイルムホールディングスによる米ゼロックスの子会社化(発表は2018年1月末)は訴訟合戦に発展した。打開の糸口が見えておらず、頓挫する公算が大きくなっている。

〇2018年 M&A ランキング(適時開示ベース)

買収金額(売却案件を含む)1000億円超
1 武田薬品工業、アイルランド製薬大手シャイアーを子会社化(6.8兆円)
2 ルネサスエレクトロニクス、米半導体インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を子会社化(7330億円)
3 日立製作所、スイス重電大手ABBの送配電事業を買収(7140億円)
4 富士フイルムHD、米ゼロックスを子会社化(6710億円)
5 大陽日酸、米産業ガス大手、プラスエアの欧州事業を買収(6438億円)
6 三菱UFJ信託銀行、豪資産運用会社CFSGAMを買収(3280億円)
7 米ジョンソン・エンド・ジョンソン、化粧品「ドクターラボ」展開のシーズHDをTOBで子会社化(2300億円)
8 JT、ロシアのたばこ4位ドンスコイを子会社化(1900億円)
9 大正製薬HD、一般医薬品メーカーの仏UPSAを買収(1823億円)
10 東京海上HD、再保険事業の欧州子会社2社をルネサンスリーHDに譲渡(1685億円)
11 JT、バングラデシュの2位のたばこ事業を買収(1645億円)
12 仏フォルシア、クラリオンをTOBで子会社化(1409億円)
13 第一生命HD、米リバティライフの既存保険契約を買収(1400億円)
14 NEC、デンマークのIT企業大手KMDホールディングを子会社化(1360億円)
15 リクルートHD、求人情報サービスの米グラスドアを子会社化(1285億円)
16 東レ、オランダの炭素繊維メーカーのテンカーテを子会社化(1230億円)
17 伊藤忠商事、ユニー・ファミリーマートHDをTOBで子会社化(1200億円)
18 日本電産、冷蔵庫部品メーカーの米エンブラコを子会社化(1175億円)
19 ダイキン工業、オーストリアの冷凍・冷蔵ショーケース大手のAHTを子会社化(1145億円)
20 香港投資ファンドのベアリング・プライベート・エクイティ・アジア、パイオニアを子会社化(1020億円)

※HDはホールディングス