ヤフーは、宿泊予約サイトを運営する一休の完全子会社化を目的に株式公開買い付け(TOB)を実施することを決議した。TOBの結果次第で一休は上場廃止となる可能性がある。一休は今回のTOBに賛同を表明している。

ヤフーは一休を傘下に取り込み、「Yahoo!トラベル」など宿泊関連事業や「Yahoo!予約 飲食店」など飲食予約サービスなどを強化する。利用者に対して、一休が保有する宿泊施設や飲食店に関連する情報を幅広く提供し、事業シナジー(相乗効果)の創出を図る。

TOBの買付価格は1株あたり3433円。TOB公表前前営業日の対象株式の終値2498円に対して37.43%のプレミアムを加えた。

買付予定数は2923万8300株。下限は1949万2200株で、上限は設定されていない。買付予定額は1001億円。公開買付期間は2015年12月16日から2月3日までを予定している。