トップ > インタビュー・事例 > インタビュー >武田薬品がシャイアー買収で使う「スキーム・オブ・アレンジメント」と「産業競争力強化法」の改正とは

武田薬品がシャイアー買収で使う「スキーム・オブ・アレンジメント」と「産業競争力強化法」の改正とは

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
武田薬品のグローバル本社

武田薬品工業<4502>は英国の法制度「スキーム・オブ・アレンジメント」によってアイルランドの製薬会社シャイアーを買収する。同制度は武田薬品のシャイアー買収に関して、シャイアー株主の過半数、議決権の75%以上の賛成、裁判所の認可という条件を満たせば、反対する株主がいても100%の株式を取得できるというもの。

これまで多くの日本企業が英国企業買収の際にこの制度を利用してきた...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY