menu
Social media

ビジネス

【後編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

Cover 0faa0efd 5a0f 45ad b167 c63673a259f2
慶応義塾大学商学部 教授 牛島辰男氏

「企業の多角化」という専門分野から捉えると、無借金経営、キャッシュリッチな企業は、いまこそ『ポートフォリオ・リストラクチャリング』のチャンスでもある」と語るのは、慶応義塾大学商学部の牛島辰男教授である。前回に続き、昨今のM&Aの動向についてお話を伺った。(前回の記事はこちら

M&Aは段階的に進めることが大切である

―日本企業は経営戦略のM&Aとして、十分な機能を果たしているといえるでしょうか。

牛島教授:まず、M&Aというのは、経営戦略そのものというより、戦略を実現するための一つの手段です。それを踏まえておきたいですね。

戦略というのは、基本的には自社の活動の場をどのように定め、そこでどういう強みをつくっていくかということ。そして、その活動の場や強みに欠けているピースがあり、自社だけではそこに到達できないときに、適切な外部資源があればそれを取得する手段の一つがM&Aです。また、それをより早く獲得できようにしていく手段がM&Aということです。

たとえば、IN-OUT型のM&Aが実施される背景には、必ず経営戦略として海外市場をより重視するという方向性があります。その意味でいうと、昨今の情勢のなかで、IN-OUT型の海外企業をターゲットとするM&Aが増えていくのは自然の流れで、合理的な方向性ではあります。

ただ、そこで一つ気をつけないといけないのは、目標に到達していく手段であり、そのプロセスは、いきなりジャンプして飛ぶより、通常は段階的にステップを踏んで接近していくものだということです。国際化におけるM&Aの教訓を考えたときに、わかりやすい例として、日本郵政<6178>のトールホールディングスの買収があります。あのM&Aはなぜ巨額の減損を出してしまったのか、学習すべき面は多いと思いますね。巨大企業とはいえ、ほとんど国際経験のない会社が、国際的なマネジメントノウハウがないなかで、いきなり大きな買い物をしてしまったのですから。

―買収が無謀だった、失敗だったと結論づけるだけではダメだと?

牛島教授:ええ。結果論ですが、M&Aが戦略のなかでどう位置づけられ活かされていくのか、あるいは活かすためのケイパビリティというか自社の能力をどう作っていくのか、そもそもあの時点で買収して、自社のオペレーションは可能だったのか、事業のなかにインテグレートできる準備はできていたのか、などについてはしっかりと反芻して学ぶべきだと思います。それらが、やや甘いまま行動してしまったような印象はありますね。

特集取材記事

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【日本郵政】日本最大の企業グループが嵌ったM&Aの陥穽

【日本郵政】日本最大の企業グループが嵌ったM&Aの陥穽

日本郵政は2005年10月、郵政民営化法案の可決成立により2006年1月、日本郵政株式会社として設立し、2015年11月には子会社のゆうちょ銀行、かんぽ生命とともに東証1部へ3社同時上場した日本最大の企業グループである。今回はグループ連結売上高および営業利益データ、その他基本情報を確認しつつ、大きな話題となったToil Holdings Limited(以下トール社)の減損処理に至った原因を...


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb d07ecd1a c9b5 4c50 b95a c13f0b606f3b