ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

パンダ銘柄 “伏兵”は現れるか?

alt
写真はイメージです

台東区には上場企業が30社以上

パンダ人気に西郷さんもたじたじ?(上野公園)

 パンダ銘柄として東天紅、精養軒に伍するような大関、関脇クラスは見当たらないものの、上野動物園がある台東区には上場企業が30数社ある。上野公園への玄関口、上野駅周辺にはパチンコ・パチスロ機大手の平和<6412>、建機大手の日立建機<6305>、バイク用ヘルメットの世界的メーカー、SHOEI<7839>といった有力企業の本社がある。鉄道電気設備工事の日本電設工業<1950>、農薬のクミアイ化学工業<4996>は不忍池畔の池之端に本社を置く。飲食関連では、居酒屋「はなの舞」などで知られるチムニー<3178>の本社も区内。

 このうち、日立建機は売り上げが8000億円規模と最も大きいが、実は2016年3月に文京区から引っ越してきたばかり。百貨店では、松坂屋上野店(J.フロントリテリング<3086>)、上野マルイ(丸井グループ<8252>)があり、パンダ商戦の恩恵が少なからず期待できそうだ。

 日中国交正常化を記念してパンダ(カンカン、ランランの2頭)が初めて来日したのは1972年10月。以来、パンダは日中関係の深化に大きな役割を果たしてきた。俗に言われるパンダ外交だ。

NEXT STORY

FinTechが中小企業金融にもたらす影響 日本公庫

FinTechが中小企業金融にもたらす影響 日本公庫

2017/12/08

日本政策金融公庫総合研究所が「FinTechが中小企業金融にもたらす影響」をテーマにした論文を発表

関連のM&Aニュース