PGMホールディングス(株)(以下「PGMホールディングス」)の連結子会社であり、ゴルフ場等の経営などを行うパシフィックゴルフプロパティーズ(株)は、伊勢原カントリークラブ及び大秦野カントリークラブを所有・経営する東海開発(株)(売上高9億4900万円、営業利益△3600万円、純利益5億500万円、以下「東海開発」)のゴルフ場事業の再生を支援するため、スポンサー支援に関する基本的合意に至ったことを発表した。

なお、東海開発は、公表日同日に民事再生手続の開始申立てを東京地方裁判所に行っている。

PGMホールディングスは、ゴルフ場の保有・運営を主力事業としているが、事業拡大のため積極的にゴルフ場の買収を行っており、今後東海開発をPGMホールディングス連結グループとして子会社化することにより、保有ゴルフ場数の拡大にともなうスケールメリットの追及や運営ノウハウの共有により更なる収益の向上を図り、長期的に安定した収益基盤の構築を目指すとしている。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行予定日は非公表。