M&A速報

王子製紙<3861>、ブラジルの感熱紙メーカーを子会社化

2011/09/22

王子製紙は、ブラジルで感熱紙・ノーカーボン紙の製造販売を手がけるピラシカバ インダストリア デ パペイス エスペシアイス イ パルティ シィパソニス(サンパウロ州ピラシカバ)の全持ち分を取得し子会社化することを決めた。同社はブラジルのパルプ生産大手のフィブリアセルロース(サンパウロ州サンパウロ)の100%子会社。取得価額は約240億円。取得予定日は2011年9月29日。王子製紙は今回の子会社化により、感熱紙などのイメージングメディア事業で、日本、アジア、北米、欧州に続き、南米での拠点を獲得する。

M&Aデータベース

関連の記事

駅名に明治・大正期の「実業家」3人が勢ぞろい、そんな首都圏の鉄道はどこ?

駅名に明治・大正期の「実業家」3人が勢ぞろい、そんな首都圏の鉄道はどこ?

2020/11/22

首都圏を走りながら、鉄道の総距離はわずかに9.7㎞。13駅で結ばれているが、うち3つの駅名に、明治ニッポンの近代化を担った実業者の名前が残っている。そんな驚きの歴史を持つ路線とは?

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

【王子HD】キーワードは「クロスボーダー」海外M&Aに力を入れるのはなぜ 

【王子HD】キーワードは「クロスボーダー」海外M&Aに力を入れるのはなぜ 

2018/09/20

王子HDが海外企業のM&Aに力を入れている。2010年以降の買収企業は主なものだけでも7件。これに伴い海外売上高比率は2010年ごろに5%程度だったのが30%ほどにまで高まってきた。

【クレディ・スイス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<3>

【クレディ・スイス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<3>

2018/02/11

ニュースなどで名前は知っているけれど、街中で店舗を目にすることはあまりないし、敷居もちょっと高そう。そんな「知っているようで、知らない、外資系金融機関」第3回は欧州を代表する世界的な金融グループの「クレディ・スイス」です。

【企業力分析】王子ホールディングス コンプライアンスの虚実

【企業力分析】王子ホールディングス コンプライアンスの虚実

2016/04/27

「労働移動支援助成金」を利用し補助金を得る 「首切りビジネス」と糾弾された製紙業大手の王子ホールディングス。同じように信用失墜に伴い経営が悪化した東芝と比較・分析した。

M&A速報検索

クリア