M&A速報

王子製紙<3861>、パルプの輸出入・売買の日伯紙パルプ資源開発を子会社化

2012/06/05

王子製紙は、パルプの輸出入・売買を行う日伯紙パルプ資源開発の株式を追加取得し、完全子会社化することを決議した。国際協力機構の所有する株式を買い取り、持株比率を39.84%から49.32%に引き上げる。同社および同社の子会社であるブラジルのCelulose Nipo-Brasileira S. A.は王子製紙の特定子会社となる。

日伯紙パルプ資源開発はブラジルのユーカリ植林木を利用したパルプ製造を行う。ユーカリ植林地を14万5000ヘクタール保有し、年間120万トンのパルプを製造している。国際協力機構の所有する同社の株式は王子製紙を含む他の株主へすべて売却され、同事業は民営化される。

取得価額は87億8000万円。取得予定日は2012年6月12日。

M&Aデータベース

関連の記事

駅名に明治・大正期の「実業家」3人が勢ぞろい、そんな首都圏の鉄道はどこ?

駅名に明治・大正期の「実業家」3人が勢ぞろい、そんな首都圏の鉄道はどこ?

2020/11/22

首都圏を走りながら、鉄道の総距離はわずかに9.7㎞。13駅で結ばれているが、うち3つの駅名に、明治ニッポンの近代化を担った実業者の名前が残っている。そんな驚きの歴史を持つ路線とは?

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

【王子HD】キーワードは「クロスボーダー」海外M&Aに力を入れるのはなぜ 

【王子HD】キーワードは「クロスボーダー」海外M&Aに力を入れるのはなぜ 

2018/09/20

王子HDが海外企業のM&Aに力を入れている。2010年以降の買収企業は主なものだけでも7件。これに伴い海外売上高比率は2010年ごろに5%程度だったのが30%ほどにまで高まってきた。

【クレディ・スイス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<3>

【クレディ・スイス】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<3>

2018/02/11

ニュースなどで名前は知っているけれど、街中で店舗を目にすることはあまりないし、敷居もちょっと高そう。そんな「知っているようで、知らない、外資系金融機関」第3回は欧州を代表する世界的な金融グループの「クレディ・スイス」です。

【企業力分析】王子ホールディングス コンプライアンスの虚実

【企業力分析】王子ホールディングス コンプライアンスの虚実

2016/04/27

「労働移動支援助成金」を利用し補助金を得る 「首切りビジネス」と糾弾された製紙業大手の王子ホールディングス。同じように信用失墜に伴い経営が悪化した東芝と比較・分析した。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5