【M&A戦略】店舗数の拡大によって全国的な拠点網・事業領域の拡大を図る

 ココカラファインは下表に見るように、買収を重ねてドラッグストア・調剤薬局の店舗数を拡大し、事業領域の拡大をしている。

ココカラファインの沿革と主なM&A

年月内容
2008年4月 株式会社セイジョー(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)及びセガミメディクス株式会社(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)が株式移転の方法により当社を設立。当社の普通株式を株式会社東京証券取引所に上場。
2009年10月 株式会社セイジョーが、介護事業の強化に向けて、タカラビルメン株式会社の子会社タカラケア株式会社(現連結子会社 株式会社ファインケア)の全株式と、タカラビルメン株式会社の保有する介護関連施設を取得。
2010年10月 株式会社アライドハーツ・ホールディングスとの合併により、株式会社ジップドラッグ(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)、株式会社ライフォート(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)を子会社化し、株式会社ココカラファインへ商号変更。本社を横浜市港北区へ移転。
2011年1月 S/O技術の特許実施許諾権を活用し新たな医薬品や化粧品の企画・製造を進め付加価値を追求した商品企画力を拡充するためSOファーマ(神戸市)を子会社化。
2011年8月 北海道旭川市で調剤薬局を経営する有限会社メディカルインデックス(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)の全株式を取得し子会社化。
2011年10月 北海道でドラッグストア・調剤をチェーン展開している株式会社スズラン薬局(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)の全株式を取得し子会社化。
2011年12月 既存介護事業の拡充及び調剤事業とのシナジーの高い訪問看護事業の拡大を図るため、東京都府中市を中心にデイサービス及び訪問看護事業を運営する有限会社リハワークス(現連結子会社 株式会社ファインケア)の全株式を取得し子会社化。
2012年2月 グループ内の介護事業を集約し、事業の推進強化を行うため、株式会社セイジョーの子会社であるタカラケア株式会社を、現物分配により当社の子会社とし、株式会社ファインケアへ商号変更。
2012年3月 中国上海市にヘルス&ビューティケア商品の小売及び卸売を目的とした当社100%出資現地法人「可開嘉来(上海)商貿有限公司」を設立。
2012年4月 グループ内の介護事業を集約し、事業の推進強化を行うため、株式会社セイジョーで運営している介護事業について、株式会社ファインケアに吸収分割を実施。株式会社ファインケアを存続会社として、有限会社リハワークスとその子会社である株式会社元気を吸収合併
2012年9月 株式会社セイジョーが、東京都、埼玉県に13店舗を展開する株式会社ABCドラッグのドラッグストア・調剤事業を譲受。
2012年11月 新潟県を中心とする甲信越、東北エリアにてドラッグストア・調剤をチェーン展開している株式会社コダマ(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)の全株式を取得し子会社化。
2013年2月 インターネット通販事業を運営する子会社、株式会社ココカラファインOECを設立。
2013年4月 グループ内のドラッグストア・調剤事業に関する営業機能を集約するため株式会社セイジョー、セガミメディクス株式会社、株式会社ジップドラッグ、株式会社ライフォート、株式会社スズラン薬局、有限会社メディカルインデックスの6社を合併し、存続会社であるセガミメディクス株式会社を株式会社ココカラファイン ヘルスケアへ商号変更。
2013年6月 北海道夕張市を中心にドラッグストア・調剤薬局を運営する有限会社くすりのえびな(現連結子会社 株式会社ココカラファイン ヘルスケア)の全株式を取得し子会社化。
2013年8月 東京都世田谷区を中心に調剤薬局を運営する株式会社光慈堂の全株式を取得し子会社化。
2013年10月 株式会社ココカラファイン ヘルスケアを存続会社とし、株式会社コダマ、有限会社くすりのえびなを吸収合併
2013年11月 山口県を中心にドラッグストアを運営する株式会社岩崎宏健堂及び株式会社アイ・システムの全株式を取得し子会社化。
2014年3月 株式会社岩崎宏健堂を存続会社とし、株式会社アイ・システムを吸収合併
2014年4月 多様化する人財やワークスタイルに対応し、社員一人ひとりのワークライフバランスの実現を目的とした子会社「株式会社ココカラファイン アソシエ」を設立。
2014年8月 株式会社ココカラファイン ヘルスケアを存続会社とし、株式会社光慈堂を吸収合併
2014年12月 障がいのある方々の雇用機会を拡大し、安心かつ継続して就労できる職場を提供することを目的とした子会社「株式会社ココカラファイン ソレイユ」を設立。
2015年4月 株式会社ココカラファイン ソレイユが「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく特例子会社の認定を取得。
2016年4月 東京都世田谷区を中心に訪問介護及び居宅介護支援事業等を運営する株式会社山本サービスの全株式を取得し子会社化。
2016年6月 株式会社ココカラファイン ヘルスケアが、兵庫県で調剤薬局事業を展開する株式会社神戸マルゼンより調剤薬局事業を譲受。
2017年2月 11店舗の調剤薬局事業を展開する有限会社 東邦調剤の全株式を取得し子会社。
2017年2月 島根県で8店舗の調剤薬局・ドラッグストア事業を展開する有限会社古志薬局の全株式を取得し子会社化。

M&A Online編集部作成

 経営統合してココカラファインが設立される前、セガミメディクスは関西地方・中国地方を中心として展開しており、セイジョーは関東地方を中心に展開していた。そこで統合後は両社が浸透していなかった地にM&Aを展開していく。

 2011年に北海道でドラッグストア・調剤薬局を展開するメディカルインデックスとスズラン薬局を買収。翌2012年には新潟県を中心とする甲信越、東北地方で展開するコダマ、2013年には山口県を中心にドラッグストアを運営する岩崎宏健堂とアイ・システム、2017年には島根県で8店舗を展開する古志薬局を相次いで買収している。このようにドラッグストア・調剤薬局事業は買収を繰り返すことで、店舗数と展開地域の拡大を図っている。

 介護事業についても、事業の強化のためにいくつかの買収を行っている。2011年に調剤事業とのシナジーが高い訪問看護事業の拡大のために、デイサービス及び訪問看護事業を運営するリハワークスを買収している。

 今後もドラッグストア・調剤薬局を主軸としつつ店舗数と展開地域の拡大のために買収を行っていくと思われる。

 現在の同社の事業セグメントは、生活者へのサービスを提供するドラッグストア・調剤薬局事業と、患者へのサービスを提供する看護・介護事業に大別できる。今後、超高齢化社会を迎える日本においては、生活者と患者へのサービスの両面においてQOL(Quality of Life)を高めるために、健康をトータルでサポートするヘルスケアを提供していくだろう。