【ギグワークス】5年ぶりのM&A 仮想空間での店舗運営に注力

alt
トライアルのオンライン物産展(同社ニュースリリースより)

単発や短期などの多様な働き方を希望する人と、企業の求人需要とを、インターネットを活用して結び付ける事業を手がけるギグワークス<2375>が、5年ぶりにM&Aに踏み切る。

2022年7月1日に、通販事業を展開する悠遊生活(横浜市)の全株式を取得し子会社化するととともに、悠遊生活を通じてアウトソーシング大手のトランスコスモス<9715>が通販事業を会社分割して設立する新会社・日本直販(大阪市)の全株式を取得し子会社化する。

同社(1977年設立)は、株式を公開した翌年の2004年以降、主なものだけでも20件近いM&Aを実施し、営業代行や販売支援、IT機器の導入、設置、交換、保守支援、システム・エンジニアリング開発受託などの分野に人材を斡旋する形で業容を拡大してきた。この間の仕事斡旋総件数は700万件を超える。

これに今回のM&Aによって、新たに通販事業が加わることになる。小売業である通販事業と、働き手と企業を結び付ける人材斡旋事業には一見、相乗効果が見込めなさそうだが、そこには当然ながらしっかりとした狙いがある。ギグワークスは何を目指しているのか。

購入商品の設置や組み立てサービスを提供

子会社化する悠遊生活は、健康、美容用品、生活雑貨、レジャー、趣味用品、浄水器、カメラ、望遠鏡、時計、電子製品、ファッション、食品などを幅広く取り扱っており、その品目はおよそ2000に達する。

悠遊生活は2022年1月に、通販事業のイメンス(横浜市)から分社して設立された企業で、2022年3月期(3カ月決算)は、売上高2億2500万円、営業利益640万円だった。

一方、日本直販は1976年にスタートした老舗の通販ブランドで、店舗では販売していない斬新な商品を、テレビを通じて販売することで知名度が高まった。

運営元の総通が2012年に経営破綻したのに伴い、トランスコスモスが日本直販事業を取得。2022年3月期の売上高は49億9000万円、営業損益は1億3600万円の赤字だった。

両社の子会社化後は、カタログや広告宣伝、仕入れの共通化などによるコスト削減に取り組むとともに、500万人を超える両社の顧客に向けて、購入商品の設置や組み立て、利用方法の説明などの、ギグワークスが得意とするサービスを提供する。また、両社の顧客であるシニア世代に働く場を提供するといった取り組みも予定しているという。だが狙いはこれだけではない。

NEXT STORY

【判例】サイト売買で「競業避止義務違反」が認められた事例

【判例】サイト売買で「競業避止義務違反」が認められた事例

2020/11/26

ネット通販が一般的になったことで、サイトの売買も活発に行われています。今回は、サイト売買がM&A手法のひとつである「事業譲渡」と認定され、売主の競業避止義務違反が認められた裁判例をご紹介します。

関連のM&A速報