【セブン&アイHD】なぜそごう・西武を再生できなかったのか?

alt

セブン&アイ・ホールディングス<3382>が2006年に2000億円超で子会社化した「そごう・西武」を売却することが明らかになった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う営業休止も響いたようだが、それは一過性の要因にすぎない。祖業のスーパーマーケットからコンビニエンスストアへの進出は大成功だった同社が、なぜ百貨店事業でつまずいたのか?

「業界下剋上」だったコンビニの百貨店買収

「コンビニが百貨店を飲み込んだ!」国内小売業に衝撃が走った。スーパーマーケットを祖業とし、コンビニエンスストアへの進出で躍進したセブン&アイが、小売業の「頂点」だった百貨店を買収したのである。この「業界下剋上」は動いた金額も大きかった。

ミレニアムリテイリング株の65.45%を保有する野村プリンシパル・ファイナンスから、5000万株を1311億円で取得。残りの株式も現金または株式交換で取得して完全子会社化。投じた金額は2000億円を超えた。この「世紀の買収」を主導したのは、セブン&アイ会長兼最高経営責任者(CEO)だった鈴木敏文氏。

鈴木氏はイトーヨーカ堂を創業した伊藤雅俊氏に引き抜かれて入社。1973年に周囲の反対を押し切り、コンビニチェーンのセブン-イレブンを展開する米サウスランドと提携。翌年に国内1号店を出店した。業績が伸び悩む親会社のイトーヨーカ堂を尻目に業績を伸ばし、鈴木氏はセブン&アイのトップとして巨大小売グループの指揮をとる。

鈴木氏が成功させたコンビニ「セブンイレブン」の1号店(同社ホームページより)

鈴木氏は「絶対に勝つ」と信じ込んでいた日本が天皇の玉音放送でひっくり返った少年時代の衝撃的な経験から、「社会は変化するから、適応していかなければならない」と常日頃から考えていた。コンビニ業への参入もスーパーが起こした流通革命も、いつかは「再びひっくり返る」との危機感から出た発想だった。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

インテリアショップFrancfrancに出資した日本成長投資アライアンスとは

インテリアショップFrancfrancに出資した日本成長投資アライアンスとは

2022-01-09

セブン&アイ・ホールディングスは2021年7月にFrancfrancの株式の一部を売却すると発表しました。取得するのは投資ファンド・日本成長投資アライアンスです。日本成長投資アライアンスはJTと博報堂がアライアンス・パートナー企業になっていることで知られています。

関連のM&A速報