ITを中心とした導入・設置・交換・保守支援、システム・エンジニアリング開発受託・技術者派遣から構成されるIT関連のBPOサービス等を展開するスリープログループ(東京都)は、運用クリニックサービス、マネージメントサービス、技術支援サービス、コンピュータシステムの運用管理、保守業務、顧客アプリケーションの開発/保守/運用業務を手掛けるヒューマンウェア(京都府、売上高5億円、営業利益9千万円、純資産3億円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

スリープログループは、ヒューマンウェアが近畿圏の精密機器メーカーへの技術者派遣を手がけており、自動改札機等の駅務機器等の設計開発検査業務を収益の柱とする事で、他社との差別化に成功、高収益体質を構築、財務的にも無借金と強固な財務体質を確立しているとし、スリープログループの大阪センター(支店)との相乗効果や近畿圏におけるスリープログループエージェント(登録スタッフ)のキャリアパスの一環として、技術者希望者への研修や紹介事業の拡大等のメリットも見込めるとしている。

株式取得価額は4億円。

株式譲渡実行日は平成28年9月5日。