スリープログループは、コンタクトセンター事業を手掛けるJBMクリエイト(大阪市。売上高4億4100万円、営業利益△767万円、純資産1億4500万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

JBMクリエイトは大阪と熊本でコンタクトセンターを運営しており、特に大手通信キャリアを主要顧客とするアウトバウンドコールにおいて強みを持つ。スリープログループは注文や問い合わせに対応するインバウンドコールに強みがあり、JBMクリエイトを加えることで、コンタクトセンターを活用した販売支援事業の拡充を図る。

取得総額は8100万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2016年2月29日。

リスク回避のため、株式譲渡完了日から1年間、JBMクリエイトの業績に応じたインセンティブ(業績連動)支払契約の締結を予定しており、すべてが達成された場合の最大譲渡価額は総額で1億5000万円となる。