スリープログループは、オープンシステムの受託開発業務、開発要員特定派遣を手掛けるウィザード(東京都中央区。売上高2億9800万円、営業利益△5600万円、純資産△2360万円)を株式交換により完全子会社化することを決議した。

スリープログループは、IT環境およびIT機器のユーザーに向けてビジネスを提供する企業などを対象としたITサポートサービスを提供する。オーダーメイド型のシステム開発を手掛けるウィザードを子会社化することにより、システム開発の総合力強化と競合他社との差別化と収益向上を目指す。

株式交換比率はスリープロ グループ0.509:ウィザード1。ウィザードの株式 1株に対し、スリープログループの株式 0.509株を割り当てる。

株式交換効力発生予定日は2009年10月30日。