【アダストリア】M&Aでファッションと飲食の融合にアクセル

alt
東京都文京区のニコアンドの店舗

「グローバルワーク」などのカジュアル衣料を手がけるアダストリア<2685>が、飲食事業の強化に乗り出した。

同社は2017年にアダストリアイートクリエーションズを設立し、飲食事業に参入したのに続き、2022年2月には「アロハテーブル」などのレストラン事業を手がけるゼットン<3057>を子会社化し、飲食事業の成長に向けアクセルを踏み込んだ。

2022年2月期はM&Aなどによる新規事業への投資費用として、10億円を予定していたが、ゼットンの子会社化に要した費用が、計画を大きく上回る28億円強に達していることからも、本気度がうかがわれる。

2025年に向けて打ち出した四つの戦略の一つにも飲食事業の拡充を掲げており、アダストリアイートクリエーションズの事業拡大とともに、ゼットンとの連携によってファッションビジネスと飲食ブランドを融合させた新しい事業を開発する計画という。アダストリアはM&Aで、どのような事業を生み出すのだろうか。

早くも横浜山下公園で成果

アダストリアの傘下に入ったゼットンが展開する「アロハテーブル事業」は、ハワイに本店を構えるアロハテーブルブランドをメインに、ハワイアン業態の店舗を展開しており、ハワイで過ごす時間を感じられる空間を作り出している。

このほかに、レストランブランドの開発などを行う「ダイニング事業」、歴史ある建物を利用した結婚式を企画、演出する「レストランブライダル事業」、ビアガーデンやバーベキュー場などの期間限定のアウトドアイベントを企画、開催する「アウトドア事業」、ハワイを中心に新たな自社ブランドを創り出す「インターナショナル事業」の合わせて5事業を展開している。

さらに、レストランやカフェ利用して、活気を取り戻す「公園の再生プロジェクト」にも取り組んでおり、今後は、公園内に出店した飲食店や売店などの収益で公園の整備などを行う事業者を公募する制度(PARK-PFI)を活用して、公園や老朽化公共施設の再生事業を拡大する。

これら事業を、親会社となったアダストリアとともに連携して実現していく計画で、早くも3月1日には横浜市の山下公園レストハウスのPark-PFIの公募で、設置等予定者に選ばれた。

山下公園が持つ素材を生かすとともに、山下公園レストハウスを周辺の各エリアをつなぐ結節点とするための提案が評価されたという。2022年6月から工事が始まり、2022年度中に完成する予定だ。

山下公園レストハウスを周辺のイメージ(同社ニュースリリースより)

NEXT STORY

外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

外食・フードサービスの2021年(2021年1月1日~12月21日)のM&A 件数、金額ともに過去10年間で最低に

2021/12/23

2021年(2021年1月1日~12月21日)の外食・フードサービス業界は、コロナ禍の厳しい風にさらされ続けた。M&Aの発表件数は2年連続で減少し、2012年以降の10年間では最低となった。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5