【AOKIホールディングス】M&Aで「ネカフェ」トップ企業に

alt

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行で、飲食業や観光業が大きな打撃を受けたのは周知の通り。だが、大手企業で最も荒波を被ったのはアパレル業、中でもオフィス勤務者向けのビジネススーツ業界だろう。リモート勤務の普及で、スーツを着る機会が激減したからだ。そもそもコロナ禍以前からオフィス衣料のカジュアル化が進み、スーツ市場は縮小していた。紳士服チェーン国内2位のAOKIホールディングス<8214>は、どうやって生き残ろうとしているのか?同社のM&A戦略から探る。

紳士服チェーンが複合カフェを買収

5月23日、AOKIは複合カフェ「自遊空間」を運営するランシステム<3326>の株式50.71%を第三者割当増資引き受けなどで取得し、子会社化すると発表した。「ネットカフェ(ネカフェ)」とも呼ばれる複合カフェは、飲食だけでなく漫画喫茶やインターネット喫茶、ゲーム喫茶、ワークスペース、ビリヤードやダーツなどが楽しめる。スーツをはじめとする紳士服チェーンのAOKIが、なぜ複合カフェを買収するのか?

実はAOKIはエンターテインメント事業として、複合カフェ「快活CLUB」を展開しているのだ。鍵付き完全個室を30分380円(税込、以下同)、12時間4150円で利用可能な手軽さに加えて、コミックや雑誌、ビデオ、カラオケなどのエンターテインメントを利用できるほか、無線LANやコンセント、プリンターなどを備えておりオフィス代わりにも使える。

「自遊空間」は自社が手掛ける「快活CLUB」の同業であり、AOKIは8億8786万円(第三者割当増資引き受け8億2400万円、株式譲渡6386万円)を投じて、事業規模拡大のためのM&Aに乗り出した。

AOKIの子会社が展開している複合カフェ「快活CLUB」(快活フロンティアホームページより)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

買収したり、提携したり…あの手この手で生き残る「洋服の青山」

買収したり、提携したり…あの手この手で生き残る「洋服の青山」

2022-03-05

「アパレル冬の時代」と言われて久しい。とりわけ紳士服はカジュアル化の流れに加えて、コロナ禍により自宅でのリモート勤務が増えたことで需要が激減。紳士服量販店チェーン「洋服の青山」を展開する業界最大手の青山商事も大打撃を受け、生き残りに必死だ。

今日は何の日?M&Aカレンダー