【アサヒペン】四半世紀ぶりにM&A、ペットフード・用品事業に参入

alt
アサヒペンの東京本社ビル(東京都江東区)

アサヒペンは家庭塗料のトップメーカーとして高いブランド力を誇る。家庭塗料に進出したのは60年前の1962(昭和37)年で、業界のパイオニアとしても知られる。塗料事業とDIY(日曜大工)用品事業を経営の両輪としてきたが、ここへきてM&Aをテコに新たな成長戦略を打ち出した。ペット関連事業への参入だ。

25年ぶりのM&A

アサヒペンは4月末、ペットフード・ペット用品総合卸売のザ・ペット(大阪府茨木市)を子会社化した。実は同社が本格的なM&Aに取り組むのは25年ぶり。1987年にDIY販売の共福産業(大阪市)を傘下に収めて以来となる。

一見、畑違いに思えるペット関連市場への参入だが、どういう狙いが込められているのか。アサヒペンは現行の新中期経営ビジョン「AP SPEC180」(2022年3月期~25年3月期の4カ年)で10年後の連結売上高250億円を掲げている。

その目標達成に向け、課題に据えていたのが既存事業の枠にこだわらない新規事業の推進。新中期経営ビジョンのスタートを受け、満を持してM&Aを繰り出した形だ。

子会社化したザ・ペットは1984年に設立し、「ペットの総合商社」を標ぼうする。フード、おやつ、薬・サプリメント類から、おもちゃ・グッズ、犬具・犬舎、美容・トイレタリー用品まで幅広く取り扱い、取引先は関西約1800店、関東約400店に及ぶ。台湾、香港、中国、マレーシアなどに輸出も手がける。

ザ・ペットの直近業績(2021年5月期)は売上高38億円、営業利益1億7600万円、最終利益1億5400万円。アサヒペンは買収金額を明らかにしていないが、ザ・ペットの純資産額(約11億6000万円)を踏まえれば、20億円近いとみられる。

「売上高180億円」前倒し達成へ

アサヒペンが5月13日に発表した2022年3月期決算は売上高10.8%減の141億円、営業利益17.5%減の8億4100万円、最終利益58%増の10億300万円。巣ごもり消費による需要増の反動減や夏季の天候不順で売り上げが落ち込み、これに原材料価格の高騰などが加わり、2ケタの減収・営業減益につながった。

新中期経営ビジョンでは最終年度の2025年3月期に売上高180億円を目指している。今回、ザ・ペットを取り込んだことで早くも計画を前倒しで達成したのも同然といえる。

ただ、足元の今期(23年3月期)予想は未確定要素が多いとして公表を見送っている。当面は、子会社化したザ・ペットとの統合作業(PMI)を円滑に進めると同時に、既存事業を安定軌道に戻すことが急務となる。

◎アサヒペンの業績推移(単位億円)

20/3期 21/3期 22/3期 25/3期(目標)
売上高 137 158 141 180
営業利益 6.5 10 8.4 10
最終利益 5.2 6.3 10 7.5

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【藤久ホールディングス】手芸出版・教育の「日本ヴォーグ社」買収、反転攻勢の“号砲”となるか

【藤久ホールディングス】手芸出版・教育の「日本ヴォーグ社」買収、反転攻勢の“号砲”となるか

2022-04-14

手芸専門店の藤久ホールディングスが同社として初の本格的なM&Aに取り組む。手芸に関する出版・教育事業の日本ヴォーグ社(東京都中野区)を傘下に収めることになった。藤久は1月に持ち株会社制に移行し、M&Aによる業容拡大を打ち出していたが、早速実行に移した形だ。

今日は何の日?M&Aカレンダー