【マネーフォワード】M&AでSaaSのトップランナーを目指す

alt

マネーフォワード<3994>は個人・法人向けに金融系のウェブサービスを手がけている。2012年に個人向けの家計簿アプリ「マネーフォワード(現マネーフォワード ME)」の提供で事業を立ち上げたが、2013年から法人向けに「必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できる」SaaS型サービスプラットフォームに参入。以来、高成長を続けている。その原動力となったのがM&Aである。

個人向けの家計簿アプリで創業も、現在は法人向けが主流

家計簿アプリで起業したマネーフォワード(写真はイメージ)

現在、祖業である個人向けサービスの売上比率が約16%なのに対して、法人向けのバックオフィス(管理部門)向けのSaaSが約55%を占める。2013年に「マネーフォワード For BUSINESS(現マネーフォワード クラウド会計・確定申告)」を、2014年には請求書、2015年には給与、2016年には経費と、SaaS型サービスの充実を進めた。

同社は2017年9月に東証マザーズに上場すると、積極的なM&Aに乗り出す。同11月にクラウド型の記帳サービス「STREAMED(ストリームド)」を開発するクラビス(東京都新宿区。売上高1億円、営業利益△2700万円、純資産8600万円)の全株式と新株予約権を取得して子会社化すると発表した。

クラビスは2012年設立で、領収書や請求書などをスキャンするだけで1営業日以内に会計データに変換できる経理自動化に特化したサービスを展開する。マネーフォワードは自社の会計ソフトの「MFクラウドシリーズ」と「STREAMED」の連携を図る。取得価額は8億円。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|マネーフォワード・菅藤達也執行役員CSOに聞く(後編)

池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|マネーフォワード・菅藤達也執行役員CSOに聞く(後編)

2021-03-29

Fintechの先駆的企業である株式会マネーフォワード 執行役員CSO/提携・事業責任者の菅藤達也氏に、M&Aの相手探しやポイントを聞いてみたら、やたら惚れっぽい菅藤さん流M&Aのお話が飛び出してすごく盛り上がりました。M&Aのイメージが変わるお話なので、ぜひ最後まで読んでくださいね