【識学】買収したプロバスケチームが黒字に 投資も活発化

alt
写真はイメージです

独自の組織運営理論「識学」でコンサルティング事業を展開する識学<7049>が、2020年に傘下に収めたプロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」の運営事業スポーツエンタテインメント部門に黒字化のめどが立ってきた。

2021年12月30日に発表した2022年2月期第3四半期決算では、四半期で最大となる6000万円の赤字を計上したが、事業は計画通りに進んでおり第4四半期には黒字化できるという。実現すれば買収後初の黒字となる。

2019年に設立したファンド(識学1号投資事業有限責任組合)部門では、投資先であるアイドマ・ホールディングス<7373>が、ジオコード<7357>に続いて2件目のIPO(新規株式公開)を実現した。同部門も赤字の状況だが、IPOのほかにもM&Aを視野に入れるなど、前向きな姿勢を見せている。

主力のコンサル事業は順調に推移しており、全社の2022年2月期は前年度比50%を超える増収と2.9倍の営業増益を見込む。本業に支えられ、スポーツや投資などの新規事業は今後ますます活発化しそうだ。

勝つための組織づくりを実行

スポーツエンタテインメントは「福島ファイヤーボンズ」を運営する福島スポーツエンタテインメント(福島県郡山市)の子会社化によって立ち上がった部門。

福島ファイヤーボンズは2020年6月期末までに債務超過を解消できなければ、試合の成績にかかわらず、プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」のクラブライセンスを失う窮地にあった。

当時「識学」を用いた、勝つための組織づくりによって、福島スポーツエンタテインメントを成長させることができると判断した。黒字化はその成果が徐々にあらわれてきたことを示すものだ。

行政からの受託事業が新たな収益源に

スポーツエンタテインメント部門の2022年2月期第3四半期の状況を見ると、スポンサー獲得に向けた営業活動や、営業人員の採用、新たな収益基盤である企業版ふるさと納税の拡充に向けた地方公共団体との連携強化を進めた結果、スポンサーからの受注額が、前年同期から66.7%も増加した。

ただ、損益はチーム強化に向けた投資などが膨らみ、営業赤字から脱却することはできなかった。

それでも地元の郡山市からプロスポーツの魅力発信や、スポーツ指導者の育成、ホームゲームに子供を招待するなどの事業を受託することで、新たな収益源が確保できたこともあり、第4四半期では黒字転換できると判断したわけだ。

【スポーツエンタテインメント事業】

NEXT STORY

識学、アイドルグループ「SKE48」の運営会社にトレーニング提供へ

識学、アイドルグループ「SKE48」の運営会社にトレーニング提供へ

2019/05/23

組織運営のコンサルティング事業を手がける識学は、アイドルグループ「SKE48」の運営会社に対し、独自理論「識学」に基づくトレーニングを提供することになった。国民的人気グループを預かる運営会社として、組織体制を基礎から固める狙いがある。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5