ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

alt
ヤマノHDの本社(東京・代々木)

堀田丸正とスポーツ事業、RIZAPに売却

2018年3月期の決算をみると、はっきりする。ヤマノHDの売上高はその1年前の263億円から149億円に110億円以上、率にして43%減少した。卸売事業とスポーツ事業から撤退し、和装宝飾事業と美容事業に集約する大規模な選択と集中を実行に移したのだ。

和・洋装・寝装を中心に卸売事業を手がけてきたのは上場子会社の堀田丸正(東証2部)。売上高は75億円規模ながら、営業利益は1億円程度で、低採算状態を脱せないでいた。アパレル事業の強化を目指すRIZAPグループに20億円弱で売却した。

一方、スポーツ事業の売上高は当時32億円ほど。ウィンタースポーツ関連用品の販売を主力としてきたが、消費者ニーズの多様化などで厳しい事業環境が続き、赤字に陥っていた。パワーズ、スポーツワールド、池袋秀山荘などのブランドで展開してきた計16店舗を約15億円で手放した。売却先はこちらもRIZAPグループだった。

売り上げの激減に直面したものの、一連の事業再編の結果、財務体質が大幅に改善。2018年3月期時点で有利子負債が7億円強と3分の1に減る一方、現預金は25億円まで10億円以上積み増した。新たな投資資金を確保したのを受け、翌2019年3月期に「M&A再スタート」の旗を掲げたのだ。

◎ヤマノHDの業績推移(単位は億円)

売上高 営業利益 最終利益
16/3期 237 2.64 0.61
17/3期 263 3.63 1.88
18/3期 149 2.19 5.02
19/3期 141 2.45 2.65
20/3期予想 141 2 1.9

前身企業、1994年にヤマノグループの傘下に

ヤマノHDの歴史はM&Aを抜きにしては語れない。

前身は1909(明治42)年に、北海道函館市で創業した森田ふとん店にさかのぼる。1963年にかねもり商事(後の「かねもり」)に社名変更し、翌年に東証2部と札幌証券取引所に上場した。1979年にミネベア(現ミネベアミツミ)の傘下に入り、1986年にミネベアに吸収合併された。当時、ミネベアは企業買収を繰り返し、M&Aの先駆的企業として知られる。

1987年に新たに設立された「かねもり」がミネベアから訪問販売事業を分離・承継して営業を開始。1994年、ヤマノグループがかねもり(現ヤマノHD)を傘下に収め、今日にいたる。

ヤマノグループは美容家の草分け、山野愛子氏(故人)を創始者とし、美容室やエステサロン、化粧品などの企業群で構成する。グループの中核企業であるヤマノビューティメイトグループ(東京都渋谷区)の山野幹夫会長兼社長は愛子氏の孫。ヤマノグループの“弟分”でもあるヤマノHDの社長兼CEOを務める山野義友氏は幹夫氏の実弟にあたる。

沿革と最近の主なM&A
1909 森田ふとん店として北海道函館市で創業
1963 かねもり商事に社名変更
1964 東京2部、札幌証券取引所に上場
1971 かねもりに社名変更
1979 ミネベアグループに傘下に入る(1986年、ミネベアが吸収合併
1987 かねもりを設立し、ミネベアから訪問販売事業を承継
1994 大株主の異動により、ヤマノグループ入り
1997 株式を店頭登録(2004年ジャスダック上場)
2001 持ち株会社制に移行し、ヤマノホールディングコーポレーションに社名変更
2006 ヤマノホールディングスに社名変更
2008 宝飾品販売子会社のヤマノジュエリーシステムズ(東京都台東区)を譲渡
2009 ヤマノリテーリングス、きのはな、ヤマノスポーツシステムズ、スポーツマンクラブなど8子会社を吸収合併
2013 和装品製造のら・たんす山野(東京都渋谷区)を吸収合併
2015 きもの専門店の「すずのき」(東京都渋谷区)を子会社化
2017 スポーツ用品販売事業をRIZAPグループに譲渡
繊維製品卸子会社の堀田丸正(東証2部)をRIZAPグループに譲渡
2018 ネイルサロン経営のみうら(東京都三鷹市)を子会社化
2019 10月、美容室経営のL.B.G(東京都足立区)を子会社化
11月、呉服・和装品小売りの「かのこ」(東京都中央区)の一部事業を取得
12月、学習塾運営のマンツーマンアカデミー(千葉県旭市)の子会社化(2020年3月予定)を発表

NEXT STORY

美容サロンのアジア進出、4人の経営者が実体験を語る

美容サロンのアジア進出、4人の経営者が実体験を語る

2019/06/21

美容商社のビューティガレージは美容サロンの海外進出セミナーを開いた。美容業界では海外進出への関心が高まっているが、現地の状況が分からず、踏み出せないという声が少なくない。アジアに出店したサロン経営者4氏によるパネル討論会の模様を再現する。

関連のM&Aニュース