教育事業のニュース記事一覧

【ナガセ】学習塾大手が8年ぶりにM&A、ターゲットは「スイミングスクール」!

【ナガセ】学習塾大手が8年ぶりにM&A、ターゲットは「スイミングスクール」!

「東進ハイスクール」「四谷大塚」に代表される進学塾大手のナガセ。テレビで大活躍中の林修先生(現代文)をはじめ、カリスマ講師を多数抱えることでも知られる。実はその同社、学習塾とは別にもう一つの「顔」を持つ。スイミングスクールのトップ企業でもあるのだ。

記事を読む
アップル新製品で一番の「買い」は、無印のiPadである理由

アップル新製品で一番の「買い」は、無印のiPadである理由

アップルが2020年9月15日に新製品としてタブレット端末の「iPad」シリーズ2種とスマートウォッチの「Apple Watch」2種を発表した。今回発表された新製品で最も「お買い得」なのは、この無印「iPad」だ。スペックは高く、安い。

記事を読む
小学館が「AI教材」企業を子会社化 その背景にあるものとは

小学館が「AI教材」企業を子会社化 その背景にあるものとは

小学館はAI型タブレット教材「Qubena」を手がけるCOMPASSの全株式を取得し子会社化した。デジタル事業に注力する小学館と、Qubenaサービスの迅速な拡充を目指すCOMPASSの思惑が一致した。

記事を読む
【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

記事を読む
【城南進学研究社】「総合教育企業」へM&Aによるグループ経営を推進

【城南進学研究社】「総合教育企業」へM&Aによるグループ経営を推進

城南進学研究社は「総合教育ソリューション企業」を経営の旗印とする。大学受験の「城南予備校」から出発し、小中高生、乳幼児、大学生、社会人まで教育サービスを広げてきた。こうしたフルライン戦略を可能したのがM&Aによるグループ経営の推進だ。

記事を読む
【学研HD】高齢者ビジネス拡大へ M&Aで攻勢

【学研HD】高齢者ビジネス拡大へ M&Aで攻勢

学研ホールディングスは教育事業のリーディングカンパニーとして知られるが、同社にはもう一つの顔がある。「医療福祉」事業の担い手として急速に存在感を高めている。高齢者福祉と子育て支援を両輪に事業を展開し、今や全売上高の4分の1近くを占める。

記事を読む