M&A速報

ヤマノホールディングス<7571>、和装品販売事業の一部を譲渡

2010/02/19

ヤマノホールディングスは、振袖販売を中心とした和装部門の事業を譲渡することを決議した。対象事業の直近売上高は10億700万円で、譲渡先は同事業部長の伊藤氏が新たに設立する和装品販売会社のきのはな(東京都江東区)。

ヤマノホールディングスは近年の和装品市場の縮小などによる呉服販売の低迷や、昨年度の急激な景気悪化を受け、自社グループの業績も大きな影響を受けていた。今回の譲渡により財務体質の改善を図り、事業の選択と集中を進める。

譲渡価額は5000万円。譲渡予定日は2010年3月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

2020/01/16

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア