M&A速報

扶桑化学工業<4368>、ヤマノHD<7571>の化粧品販売会社を取得

2008/07/18

扶桑化学工業は、ヤマノホールディングスの子会社で自然化粧品などを販売するエックスワン(東京都品川区。売上高27億3000万円、営業利益8000万円、純資産2億8100万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

有利子負債の圧縮を進めるヤマノHDは、エックスワンなどの美容事業を「ノンコア事業」と位置づけ、譲渡を検討していた。エックスワンは1987年10月設立で、自然派化粧品を中心とした自社開発による生活必需品の会員制無店舗販売を展開している。扶桑化学工業は同社を取得し、化粧品や健康食品の商品開発を強化する。

取得価額は8億円。取得予定日は2008年7月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

2020/01/16

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5