M&A速報

ヤマノホールディングス<7571>、化粧品販売事業の一部を植木商店へ売却

2010/05/19

ヤマノホールディングスは、化粧品販売事業の一部であるコスモプリエール事業部を植木商店(大阪府西成区)に譲渡することを決議した。対象事業の業績は、売上高2400万円。

同事業部は、「コスモプリエール化粧品」ブランドの化粧品卸売と訪問販売による小売販売を手掛けてきたが、経営環境の変化に伴う採算性の観点から、現在は卸売のみ。植木商店の代表である植木真理子氏は、ヤマノホールディングスの取引先より紹介を受け、同社はコスモプリエール事業部を譲受するために2010年5月17日に設立された新会社。

譲渡価額は800万円。譲渡予定日は2010年5月20日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

2020/01/16

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア