ヤマノホールディングスは、台湾子会社で健康機具販売の皇家科世夢股份(台北市。売上高3400万円。営業損益△100万円、純資産7600万円)の事業を譲渡することを決議した。

ヤマノホールディングスは皇家科世夢股份に対して独自のサービスや商品の提供を実施し、本業との相乗効果を目指していた。しかし、総合的に事業を見直した結果、経営資源を国内に集中するとし、台湾丸高實股份の新設子会社に全事業を譲渡することにした。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2013年4月1日。