M&A速報

ヤマノホールディングス<7571>、台湾の健康器具販売事業を売却

2013/03/15

ヤマノホールディングスは、台湾子会社で健康機具販売の皇家科世夢股份(台北市。売上高3400万円。営業損益△100万円、純資産7600万円)の事業を譲渡することを決議した。

ヤマノホールディングスは皇家科世夢股份に対して独自のサービスや商品の提供を実施し、本業との相乗効果を目指していた。しかし、総合的に事業を見直した結果、経営資源を国内に集中するとし、台湾丸高實股份の新設子会社に全事業を譲渡することにした。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2013年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

2020/01/16

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア