社長が逮捕された「かっぱ寿司」の流れ流れた資本提携史

alt

大手回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト<7421>の田辺公己社長が前職のゼンショーホールディングス<7550>傘下の競合チェーン「はま寿司」から、仕入れ価格などの営業秘密を持ち出したなどとして逮捕された。田辺社長は3日に社長を辞任している。

かつては回転寿司のトップだったかっぱ寿司

カッパ社は1979年に創業者の徳山淳和氏が長野市で第1号店を開業。同年からチェーン展開を始めている。1999年から大型店舗の展開をスタート。席数が増えたことで1店舗当たりの販売額が伸び、2010年までは回転寿司業界トップの座に君臨した。

2007年3月には今回の事件の「被害者」となったゼンショーと資本業務提携している。ゼンショーはカッパ社株の31.25%を保有する筆頭株主となり、役員も派遣。店舗運営ノウハウの共有化による経営の効率化や共同購買の導入による仕入れコスト削減、人材交流による経営ノウハウの共有といったシナジー効果を狙った。

ところが同10月に業務提携を凍結。当時はカッパ社の業績が好調に推移しており、ゼンショーの助力に頼る必要もなかったことから単独での生き残りを選択したようだ。一方、ゼンショーはカッパ社との資本業務提携を決めた同3月に、「お家騒動」で分裂した創業家からあきんどスシロー(現・FOOD & LIFE COMPANIES)<3563>の発行済株式の27.23%を取得していた。

ゼンショーはカッパ社とあきんどスシローを経営統合し、巨大回転寿司チェーンの形成を目指していたのかもしれない。結局、スシローもユニゾン・キャピタル・グループや英ペルミラ・アドバイザーなどのPE(プライベートエクイティ)ファンドに奪われ、ゼンショーは回転寿司事業を傘下のはま寿司に集中する。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

2022-01-21

かっぱ寿司が2021年9月に1皿半額というキャンペーンを実施しました。常識外れのキャンペーンに客が殺到しました。一部店舗周辺の道路が大渋滞し、16時間待ちという店舗が出たと言われています。その効果はどれだけあったのでしょうか?

関連のM&A速報