トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >エフエム東京の会計不正「連結はずし」の動機は経営責任隠し

エフエム東京の会計不正「連結はずし」の動機は経営責任隠し

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

2019年8月21日、「TOKYO FM」としてお馴染みの株式会社エフエム東京が記者会見を開きました。会計不正などに対する第三者委員会報告書の公表に合わせたものです。

同社の会計不正は、本来、連結決算に含めておくべき子会社の赤字を除外したことによるものです。こうした手法は「連結はずし」と呼ばれます。以下では、報告書を手掛かりに事件の経緯を確認してみたいと思います...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY