香川編集長降板で注目される自社メディア「トヨタイムズ」の行方

alt

「社会的に許されざる行為であり、大変残念に思います」とトヨタ自動車<7203>を困惑させているのが、「2019年に銀座の高級クラブでホステスにセクシャルハラスメントをはたらいた」と報じられた俳優で歌舞伎役者の香川照之氏だ。

香川編集長、事実上の「更迭」に

舞台にテレビにコマーシャルにと大活躍の香川氏だけに、スキャンダルの波紋は大きく広がっている。中でもトヨタは豊田章男社長肝いりのオウンド(自社)メディア「トヨタイムズ」の編集長に起用しており、対応が注目されていた。

9月1日、にわかに事態が動く。「世間の皆さまの反応を見ていても、全く理解されることではない」(長田准トヨタ執行役員渉外広報本部本部長)として、香川氏が登場するテレビコマーシャルの放送を見合わせたと明らかにしたのだ。年内までの香川氏との出演契約は更新しない方針だ。

トヨタイムズでも香川編集長が登場するコンテンツにはアクセスできない状態になっている。トヨタイムズはトヨタが自ら所有し、消費者に向けて直接情報を発信するニュースサイト。2019年に従来の広報・宣伝活動では不十分と考えた豊田社長が立ち上げた。

トヨタイムズ開設の背景には、自社の意にそわない報道をするマスメディアに代わる「自前のニュースサイト」をつくる狙いもあったという。

香川編集長が登場するコンテンツは9月1日にアクセスできなくなった(トヨタイムスより)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

“大人起業家”が考える「成功するスタートアップ」 プロトスター株式会社・栗島祐介CCO

“大人起業家”が考える「成功するスタートアップ」 プロトスター株式会社・栗島祐介CCO

2018-11-14

スタートアップをめぐる世界では、新しいイノベーションが次々に起きている。栗島氏がCCOを務めるプロトスターもその1つ。「スタートアップと呼ばれる起業家・挑戦者にとって必要となるような要素をぜんぶ提供する、そのインフラをつくっている会社」だ。