「SIXPAD」のMTG 韓国子会社の問題で決算発表を延期、通期業績は267億円の赤字へ

公開日付:2019.11.19

 トレーニングギアの「SIXPAD(シックスパッド)」や美容機器の「ReFa(リファ)」などを展開する(株)MTG(TSR企業コード:401117464、名古屋市中村区、マザーズ)は11月19日、2019年9月期の業績予想(連結)を下方修正した。  MTGは、度重なる不祥事で同期の決算短信の発表を延期している。
 決算発表の延期理由に「会計監査人に対する韓国の取引先の在庫状況に関する通報」の影響は含まれておらず、先行きは不透明感を増している。
 今回、公表した業績予想は売上高360億円(前回発表から35億円の悪化)、営業利益149億円の赤字(同74億円の悪化)、当期純利益267億円の赤字(同182億円の悪化)で、7月に下方修正した予想値をさらに引き下げた。
 中国の販売減速と韓国の不買運動の影響を受け、売上高が落ち込んだ。損益は、ReFaブランドを中心に、在庫の収益性が認められず棚卸資産評価損45億5,100万円を売上原価に計上。特別損失で87億5,900万円の減損損失の計上、繰延税金資産の取崩しなどが響いた。
 同社は11月15日、2019年9月期決算短信の発表を延期し、同月19日に延期理由の詳細を公表している。リリースによると、10月8日に会計監査人から「連結子会社MTG KOREA CO.,Ltd(2019年9月期売上高見込み16億100万円)の取引先の在庫状況に関する通報があった」としている。MTGは、上記調査が継続中のため、決算短信の発表を延期。今回の下方修正には、通報の影響を含んでいない。東京商工リサーチの取材にMTGの担当者は、調査結果による追加の下方修正の可能性を「ゼロではない」とコメントした。
 MTGは今年5月、連結子会社のMTG上海で不適切な会計処理が発覚。9月、東証に改善報告書を提出し、「適切な会計処理を行うための仕組み強化」などの再発防止策を公表していた。
 2019年9月期第3四半期時点の純資産(連結)は484億5,400万円、総資産641億8,700万円、現預残高は240億9,400万円。

東京商工リサーチ「データを読む」より