トップ > ビジネスと経済 > 不祥事 >日本企業の超大型M&Aも仕掛けていた!ゴーン映画代理人の正体

日本企業の超大型M&Aも仕掛けていた!ゴーン映画代理人の正体

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

保釈中にレバノンへ逃亡したカルロス・ゴーン日産自動車<7201>元会長が、米ハリウッドの大物代理人とされるマイケル・オービッツ氏と自らの半生を映画化する契約を結んだことが、2020年2月12日に明らかになった。

ハリウッド向きのゴーン元会長の「逃走劇」

目玉となるゴーン氏の「逃走劇」はハリウッド映画向きの題材とされ、以前から映画化するのではないかと取り沙汰されている。今回の契約締結で、ゴーン元会長の自伝映画が制作へ向けて一歩踏み出すことになる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY