ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ソフトバンク、2018年後半に株価低迷の予兆が?|ビジネスパーソンのための占星術

alt
※画像はイメージです

こんにちは、柳川隆洸です。
新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。
新月は西洋占星術にとっての1ヶ月の始まりですから、新月になった瞬間の宇宙の天体配置を見ることで、1ヶ月間の社会的傾向を予測することができます。
今回は2018年に入ってから2回目の新月になりますが、その話題に入る前に、前回の新月の振り返りをしようと思います。

前月の新月の振り返り 

前回の新月は1月17日でした。
その新月からの1ヶ月は大きく2つのポイントをお伝えしていました。 

・国家レベル・企業レベルでの予測不能の事態が発生してもおかしくない1ヶ月
・「予測不能の事態」に金融業関係も巻き込まれてくる可能性がある

その通り、1月26日に仮想通貨取引所「Coincheck」から約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を発端に、ビットコインも急落し仮想通貨市場がすっかり活気を失った1ヶ月となりました。

また、アメリカ市場でも最高値を更新し続けていた米ダウ平均株価が、史上最大の下げ幅となる一時1600ドル近く急落する事態になりましたが、あまりに速いペースでの売り注文殺到だったため人的要因とは思えずコンピュータの仕業だといわれるほど、全く予測不能な事態に陥りました。

仮想通貨もダウ平均の急落も、いずれもインターネットやコンピュータと深い関わりがありますが、西洋占星術ではネットやPCの傾向を「天王星」という天体の状況で判断します。

天王星は、2017年から2019年までの間、「インターネットやPC」に対して「失敗・盗み・誤魔化し」といった問題が起きやすい可能性を示唆する状況になっています。

それを裏付けるように、近年では「ハッカー」といった存在が暗躍し、今回のコインチェックのような問題を引き起こす等、重大な国際問題になっています。

このような問題は2019年まで引き続き表面化しやすい状況が続くでしょう。

柳川 隆洸 (やながわ・りゅうこう)

株式会社Furyu代表、TimeDirecter 

1978年大阪生まれ。 神戸芸術工科大学卒業後、アパレル会社に入社。インターネット物販が今ほど認知されていない時代に、アパレル販売サイトを立ち上げ、3か月で月間売り上げ1,000万円を超す人気店に成長させ、入社後わずか6か月で部長に就任。2つのブランドを1年でインターネットだけで年間売上5億円超へと成長させる。

自社ブランドの上場会社へのM&Aや取締役を経て独立。蓄積したWebマーケティングの知識を体系化し、社会人向けの起業スクールを立ち上げるかたわら、これまでの自身のビジネス活動で活用していた占星術が人生を大きく発展させてくれると確信。占星術を「より良く生きるための優れたツール」としてサービス提供を開始する。

完全紹介制で始めた占星術セッションは口コミで評判がひろまり、著名人や経営者など各界のリーダーをはじめ、1,000名以上の人のセッションを行なう。また、「あなたの未来がわかる手帳」として「TIME DIRECTION CAL」という完全パーソナルなカレンダーを発行し、人気を博している。

http://www.timedirection.com/


NEXT STORY

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

2018/01/16

ジリ貧の物流事業から脱し、投資信託の販売などに急傾斜する日本郵便。一時野村不動産との買収交渉を行うなど、迷走を続けていました。しかしながら、今は本業の物流・郵便事業に注力した方が良いとの兆候が出ています。競合会社とともに読み解きます。

関連のM&A速報