menu
Social media

ビジネス

【連載】ビジネスパーソンのための占星術。柳川隆洸が読み解く1ヶ月

Cover dd6e7c6a ad1a 4b91 81dc 36e89927cc62
※画像はイメージです

こんにちは、柳川隆洸です。
新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。
新月は西洋占星術にとっての1ヶ月の始まりですから、新月になった瞬間の宇宙の天体配置を見ることで、1ヶ月間の社会的傾向を予測することができます。
今回は2018年に入ってから2回目の新月になりますが、その話題に入る前に、前回の新月の振り返りをしようと思います。

前月の新月の振り返り 

前回の新月は1月17日でした。
その新月からの1ヶ月は大きく2つのポイントをお伝えしていました。 

・国家レベル・企業レベルでの予測不能の事態が発生してもおかしくない1ヶ月
・「予測不能の事態」に金融業関係も巻き込まれてくる可能性がある

その通り、1月26日に仮想通貨取引所「Coincheck」から約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件を発端に、ビットコインも急落し仮想通貨市場がすっかり活気を失った1ヶ月となりました。

また、アメリカ市場でも最高値を更新し続けていた米ダウ平均株価が、史上最大の下げ幅となる一時1600ドル近く急落する事態になりましたが、あまりに速いペースでの売り注文殺到だったため人的要因とは思えずコンピュータの仕業だといわれるほど、全く予測不能な事態に陥りました。

仮想通貨もダウ平均の急落も、いずれもインターネットやコンピュータと深い関わりがありますが、西洋占星術ではネットやPCの傾向を「天王星」という天体の状況で判断します。

天王星は、2017年から2019年までの間、「インターネットやPC」に対して「失敗・盗み・誤魔化し」といった問題が起きやすい可能性を示唆する状況になっています。

それを裏付けるように、近年では「ハッカー」といった存在が暗躍し、今回のコインチェックのような問題を引き起こす等、重大な国際問題になっています。

このような問題は2019年まで引き続き表面化しやすい状況が続くでしょう。

ビジネス×西洋占星術

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

【連載】西洋占星術で時を味方に! 柳川隆洸が読み解く2018年

【連載】西洋占星術で時を味方に! 柳川隆洸が読み解く2018年

西洋占星術をベースにした「タイムディレクション」を実践する柳川隆洸氏の新連載がスタート。初回は年始特別版として、2018年という1年がどんな年になるのかを読み解きます。時の流れに上手に乗って、ビジネスも人生も豊かにしていきましょう。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92