こんにちは、柳川隆洸です。
新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。
西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

前月の新月の振り返り

まずは先月9月10日の新月からの振り返りをしたいと思います。
日本では北海道の震災や台風による天災から、多くの傷跡を残しての新月を迎えることになりました。
自然災害には気をつけて頂きたい星配置が続いていますが、引き続き大型台風の影響を受けた1ヶ月となりました。
インドネシアに目を向けてみると9月28日にマグニチュード7.5の地震が発生し、今もなお被害が拡大しています。
自然災害以外にもテロによる不安もお伝えしていましたが、中東では引き続きテロや報復の軍事行動などで多くの死傷者が出ています。
しばらくハードな印象の星配置が続きますので、警戒を続けてください。
このような流れを受けての今月の新月からの1ヶ月の傾向を見ていこうと思います。

次の新月は10月9日

「裏切り」に要注意

今月の新月は10月9日 12:46です。
社会の流れが大きく変わりそうな星配置は次の新月である11月8日以降に起きそうな状況です。
そんな変化を目前にしたこの10月の新月のひとつの大きなテーマは「裏切り」です。
政治家同士の裏切りや、国家間の裏切りも注意が必要です。
また企業間や組織の間でもそのような影響は受けやすいでしょう。
これらの影響は新月の手前から発生する傾向があります。
私たちの私生活でもこのような影響を実感するケースが発生しやすく、それは特に男女間でのケンカ、論争、拒絶などが起きる可能性が高まるのでパートナーシップには十分注意をして欲しい1ヶ月です。

自然災害に関しては10月25日の満月周辺からそれ以降に、また不穏な星配置になりますので特に強風と地震にはくれぐれも注意をしておいてください。

この記事を書いている10月初旬の時点で、日経平均株価が27年ぶりの高値を付けていると話題になっています。
このような価格変動は10月9日の新月以降さらに発生しそうで、概ね上昇することが多い星配置です。
ですが、「変動しやすい」というのが特徴ですので、急落するケースもありますので気をつけてください。

これからの1ヶ月は多くの人が神経的に疲れやすく、ピリピリした感情になりやすいでしょう。
人間関係においてのトラブルがとても心配なタイミングになりますから、一歩引いて冷静な対人関係を心がけるようにしてください。