■住友商事の事業投資4(11~12年)

年月 内容
2011.4 住友商事の100%出資会社である英国現地法人Summit Petroleum Ltd.は、同社が保有する探鉱鉱区の持分権益95%のうち50%をValiant Exploration Ltd(30%)、 Atlantic Petroleum Ltd(10%)、 Trap Oil Ltd(10%)の3社に対し、3社が掘削費用の一部を負担することを対価に譲渡する
2011.4 米国オレゴン州において世界最大級となる845メガワットのCaithness Shepherds Flat風力発電事業に出資参画(約2億ドル)。同事業は米GEグループ、伊藤忠商事グループ、米グーグル社という世界的な有力グループ・企業3社と、米国大手発電開発・運営会社であるCaithness Energy社をパートナーとする共同事業
2011.4 住商情報システムが、260億円で、CSK(売上高1403億円)株式の公開買付の実施(52.43%)
2011.6 米国の車輪・車軸メーカーであるStandard Steel社(売上高2億900万ドル)の持株会社Steel Wheel Acquisition Corporationを3億4000万ドルで買収することで合意(100%)
2011.7 ユニ・チャームが、住友商事の100%子会社であるThe Hartz Mountain Corporationの株式の51%を取得。両者の米国ペットケア事業で戦略的共同事業とする
2011.7 英100%出資子会社のSumi Agro Europe ltdを通じ、ルーマニアの総合農業資材販社Alcedo S.R.L.(売上高51億円)の株式90%を同社より取得
2011.8 住友商事は、BP Company North America Inc.(米)の100%子会社であるアルミニウム板圧延品製造販売会社ARCO Aluminum Inc.(米、売上高約9億ドル)について、住友軽金属工業(東京都港区)、古河スカイ(東京都千代田区)、伊藤忠商事(東京都)、伊藤忠メタルズ(東京都)とともに、BPよりその全株式を6億8千万米ドルで譲り受ける(20%)
2011.9 Sierra Gorda(チリ)銅鉱山開発プロジェクトのジョイントベンチャー発足(30%)
2011.10 バローレック社(仏)から、米国の小径シームレス鋼管製造会社であるV&M TWO LLC社(米)の持分19.47%を取得
2011.11 いすゞ自動車が住友商事の子会社SML Isuzu Limitedへの出資比率を引き上げ(住友商事持分54.96%→43.96%)。インドにおける自動車製造事業に関する業務・資本提携を行う
2011.11 ジャパンバイクオークション(兵庫県)および三井物産とインドネシアにおけるオークションライセンスを取得しているPT. JBA Indonesia(インドネシア ジャカルタ)の第三者割当増資を引き受けることで合意(14.5%)
2011.11 住友商事子会社の住友三井オートリースによる日立キャピタル、日立キャピタルオートリースとの業務・資本提携。住友商事が所有する住友三井オートリース株式を162億円で譲渡(60%→46%)

※本文の続きを読む