天馬は子会社を通じて、インドネシアのプラスチック製品成型加工会社PT.SUMMITPLAST(売上高16億2000万円、営業利益3570万円)の株式99.9994%を取得し子会社化したと発表した。

住友商事グループのSUMMITPLASTはインドネシアに工場を持つ現地法人で、日系大手企業と取引があり、OA機器や家電、自動車向けのプラスチック部品を生産している。天馬の既存のインドネシア工場は大幅な生産能力拡大が困難なことから、SUMMITPLASTの工場を状況に応じ機動的に使い分けインドネシアでの効率的な生産能力増強を図る。

取得価額は4億9600万円。取得日は2010年3月25日。